内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。

meetscompany

(引用:https://www.meetscompany.jp/)

どうも、就活を終えたKです!

・これから就活するけどうまくいくか不安…

・就活中だけど中々内定が出ない…

・どうすれば内定がでるかわからない

こんな風に悩んでいる方はいませんか?ぼくも内定がない就活初期はどうすれば就活を攻略できるのかわかりませんでした。

どう動けばいいのかわからず毎日不安に駆られていたのを今でも覚えてます。辛かった。。。

しかし、ぼくは途中で、就活成功のために大事なことに気づけました。

だからこそ最終的にうまくいったのかな、と思ってます。

ただ、もしその気づきがなかったら今でもリクス-着てで都心をさまよい歩いていましたね。クリスタルキングの『大都会』でも聴きながら。

今から紹介するサ-ビスを使い、ぼくは2社内定をもらうことができました。しかも全勝。

そのおかげで、「ぼくは内定をもらえるんだ!」と自信になり、その後の就活を楽にすすめることができました。

今日は、そんな最高のサ-ビスである「Meets Company」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

内定が出ない理由

自信のなさ。色々あるんですけど、これが一番。

自信がない→面接で自信のなさがバレる→不合格→さらに自信をなくす…

このスパイラルを繰り返す人って多いんですよね…..。

能力の差ではなく自信の差。

特に、大手企業しか受けない人がいきなり本命企業にぶつかって敢え無く撃沈する。こんなケ-スはよくあります。

あわせて読みたい

就活で無い内定を卒業できない人の特徴をガチで解説する

内定が出ない人の解決策

自信をつけること。これにつきます。

ES対策、面接練習、SPI試験など、就活には様々な関門がありますが、これらは全て「私はできるんだという自信」ありきなんですよね。

「どうせ無理だ…」と思ってしまったら最後、一気に就活のモチベ-ションは下がります。

なので、そうならないためにも自信をつけましょう。

自信をつけるために必要なこと。

それは「場数を踏むこと」です。

「俺は大手しか受けない!」とか言ってたらダメですよ。

自信満々な状態で大手の面接に進むためにも、場数を踏んでES、面接慣れしておくのが非常に大事なんですよね。

そして、場数を踏む最も効率的な方法はMeets Companyに参加することだと実感してます。

実際2社選考に進み、合計8回もの面接を行えました。しかもコツを掴んで2社とも内定Get。

Meets Companyに参加すると、厳選されたメガベンチャ-〜中小クラスの企業の人事に直接会うことができ、希望者は選考にすすむことができます。

Meets Companyとは?

Meets Companyって何?という方がほとんどかと思いますので、まずは公式HPから引用しますね。

MeetsCompanyは優良企業と出会うことができる座談会形式の合同説明会です。
企業の社長や人事の採用権をもつ方と直接近い距離で話すことができます。

最大8社の社長や人事と直接話すことで、自分の疑問点や業界についての理解がかなり深めることができます。
また、社長や人事から直接内定を頂けることも!

また、合同説明会後にプロの就活アドバイザーと面談し、あなたの就活の不安や悩みを解決致します。
それがMeetsCompanyの就活サービスです。

(*引用先:https://www.meetscompany.jp/siteinfo/about)

簡単に言うと、Meets Company企業と就活生のマッチングイベント

年間を通して7都市でイベントを開催しています。

ぼくは実際に参加したのでわかるのですが、他にもこんな特徴があるんですよ。

・学生側は完全無料(*交通費が支給される場合も)

・20人前後の少人数制

・希望者はすぐ面接へ(*最速で即日内定らしい。)

会社が厳選されている

実際参加したので正直に言うと、即日内定はなかったですねw

普通に選考に進んで内定頂いた感じ。

Meets Companyが完全無料な理由

就活生
完全無料なんて怪しくない?

最初はそう思う方もいますよね、完全無料なんて笑 しかも交通費も出る場合もあるのですから。

完全無料な理由は、Meets Company側が企業から手数料をもらうビジネスモデルになっているから。

企業間で金銭のやりとりがありwin-winになるモデルなので、学生側が負担しなくてもお金が発生する仕組みなっているんですよ。

これなら安心して使えますよね。ぼくも実際に参加してみて全く怪しい要素はありませんでした。一般的な就活イベントの1つだと思っていただければ。

Meets Companyに参加した感想

当日の流れは、グル-プワ-ク→企業説明→企業の人事との座談会という感じ。

学生はMARCHクラスの学生が一番多かった印象。

企業の人事はフレンドリ-な方ばかり(当たり前か)で、社員の中には、学生時代ビジコンの優勝資金で生活していた猛者もいました笑

業界は、コンサル、IT、食品など多岐に渡り、まだ就活の軸が決まっていない人にも配慮した設計となっていました。

一番最後に気に入った企業をランキング形式で記入し、後日登録したメ-ルアドレスに、企業の人事から連絡が来る、という流れ。

中には特別選考に進めるケ-スもあるらしいので、参加前に自己分析をしておき、座談会で存分にアピ-ルできるようにしておきましょう。

あわせて読みたい

【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ

Meets Companyはこんな人におすすめ

・とにかく内定が欲しい人

・優良な中小企業を志望する人

・本命前に面接の練習を積みたい人

・幅広い業界をみておきたい人

・他の就活生と交流したい人 

こんな人には向きません。

・すでに内定をもらっていて自信もついている

・就活の軸が明確で、既に受ける企業が決まっている 

Meets Companyの利用者の声

関西大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会では色んな企業が参加している合同説明会でした。1社1社説明会に行くよりもすごく効率が 良かったです。また、合説後にリクルーター?の方が就活の相談にのってくれたので、すごく助かりました。不安がなくなりました。

(*引用先:https://www.meetscompany.jp/siteinfo/about)

法政大学 女性

今まで自分の見てこなかった企業と業界の話ができてよかったです。また、普段あまり接しない企業の社長の方と近い距離でお話をすることができて、 会社の成り立ちや思いなどのお話からより企業理解が深まりました。

(*引用先:https://www.meetscompany.jp/siteinfo/about)

日本大学 男性

MeetsCompanyの合同説明会ではいろんな企業が参加していて、自分の知らない企業を知ることができて楽しかったです。 今後、就活の視野が広がりました。

(*引用先:https://www.meetscompany.jp/siteinfo/about)

早いうちにMeets Companyで内定して就活無双しようぜ。

繰り返しますが、就活においては「自信」が非常に大事。

そして、自信をつけるための特効薬が「場数を踏むこと」です。

場数を踏む→自信がつく→ES・面接で強気に→内定を取る….という流れに突入し、一気に就活無双モ-ドになります。

自分が「社会に認められる存在である」と認識されることがどれほど心強いことか。

内定をとって最高の精神状態をキ-プして、本命企業に挑戦しましょう!

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com