青野春秋著『100万円の女たち』がミステリアスで面白くておすすめ

あ-おもしろ…….。

あ、どうもこんにちは、K(@dromasuter)です。

就職活動が終わってからというもの、漫画をこれでもかというくらい読みまくっています。

当記事では新たな名作に出会ったので紹介記事を書いていきます。

紹介する本は、青野春秋著『100万円の女たち』。

早速みていきましょう。

『100万円の女たち』あらすじ

Amazonの紹介ペ-ジを引用しますね。

売れない小説家、道間 慎。彼は5人の女たちと一緒に暮らしている。
女たちは毎月、彼に100万円支払い、彼が女たちの世話をする…なぜ?
金と愛と死の臭いが立ちこめる一軒家で、歪な六角関係が繰り広げられる…

引用:100万円の女たち(1) (ビッグコミックス) | 青野春秋 | 青年コミック | Kindleストア | Amazon

なぜだかわからないけど、売れない小説家と5人の美女が一緒の家に暮らす、という設定。

イケてない男子とイケテル女子が同居している非リアル感に惹かれる方も多いでしょうね…。

『100万円の女たち』おすすめポイント

徐々に謎が解き明かされていく、謎解き要素満載なのが一番面白いポイントですかね。

絵にも非常に特徴的で、「ザ・マンガ感」があるのも個人的に大好き。

こんな感じ。

(*引用:『100万円の女たち』第1巻)

『100万円の女たち』読者の声

終わりに

ということで、またまたおすすめ漫画の紹介でした。

興味のある方はぜひ一度ご覧になってみてください〜!

あ、青野春秋さんの作品だと『俺はまだ本気出してないだけ』もおすすめっすよ。ガチおもろす…。

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com