こんにちは、どろますた。です。

この記事では、ぼくが超絶おすすめしているイ-ストプレス社の「まんがで読破シリ-ズ」のおすすめ作品ランキングTOP10をご紹介。

「まんがで読破シリ-ズ」とは何かを知りたい方は以下の記事をご参考にしてみてください。

【漫画好き必見!】イースト・プレス社の「まんがで読破シリーズ」が良すぎる件。
まんがで読破シリーズがめっちゃいいんですよ。何がいいかって、この本は「古典をまんがで読める」のです。①まんがで読破シリーズは、以下のような人にオススメです。・...

まんがで読破シリ-ズは作品数が非常に多いので、

本を読む人
はじめにどれを読めばいいの!?

と困る方も多いかと思いますので、この記事でまとめました。

実際たくさん読んでいくと、当たり外れがあるなぁ、というのが実感ですので…。

それでは早速いきましょう。

ドン・キホ-テ

セルバンデスの不朽の名作ドン・キホ-テ。

主人公の夢見る「ドン・キホ-テ」が、従者「サンチョ」を連れ、世の中の不正を正す騎士になるため旅に出る、というお話。

今でこそ、「意識高い系」という言葉がありますが、当時から、そのような人が描かれているのがおもしろいです。

しかしただのコメディ-で終わることわけではなく、ラストシ-ンはめちゃくちゃ示唆に富んでいますね。

この本は原典が非常に重いので、このまんがで読破シリ-ズだけで十分だと感じます。

興味ある方は原典にも当たってみてください。あまりおすすめできないのでリンクは貼りませんw

人間失格

天才・太宰治の代表作。

太宰治の全作品の中でも特に太宰色が色濃く反映されていて、今でも多くのファンを離しません。

ぼく自身太宰治の作品は全て読みましたが、この作品はぶっちぎりで面白かったですね。

「自分を偽って生きている」と感じている方には特に刺さりやすいようです。「あ、この主人公私のことだ…。」と驚く方が多いとのこと。

時代背景が違うと読解しづらい、という方には、現代版リメイクの方をおすすめします。

もちろん原典も最高レベルにおもしろいですよ。

文章も短いので、たまの休日に1日かけてじっくり読んでみるのがいいかも。

罪と罰

ドストエフスキ-の代表作の一つ。

カラマ-ゾフと人気を二分している最高におもしろい作品です。

人を殺してしまった人間が、どのような精神状態に陥るのか。

逮捕されて投獄されればそれで罪を償えるのか。

本当の罪とは。本当の罰とは。

議論がわかれるところではありますが、ゆえに考えさせられる場面が多いです。

芸術系がお好きな人には自信を持っておすすめします!

死に至る病

デンマ-クの天才哲学者・キルケゴ-ルの代表作。

キルケゴ-ルは、実存主義のサキガケとなった人です。

人生における「絶望」とはいったい何か?を事細かに記しています。

一言で片付けられるはずの「絶望」という言葉を類型化して、それぞれについて詳細に記述しています。

有名な「死に至る病とは絶望のことである」という真意も、このマンガ一冊でわかりますね。

ただ、正直端折っている部分が多いので、まんがを読んだ方はぜひとも原典に当たってみるのをおすすめします。

おすすめは岩波文庫。リンク貼っておきます。

全部読みましたが、超おもしろかったです。興味ない部分は読み飛ばしていく感じでいいかと。

国富論

経済学の父・アダムスミスの代表作品。

岩波文庫だと全4巻ある膨大な分量を、なんと一冊でまとめてくれています。もう最高ですね。

このマンガは、原典における冗長な部分をカットしてエッセンスだけギュッとまとめてくれています。

これだけ抑えておけば、経済学部を出ていなくても、ちょっぴり経済について語れるようになりますねw

事実、このマンガを読み込んだだけで頭いいと勘違いされたことがあり、超絶嬉しかったですwwwww

終わりに たくさん作品を読みたい方へ

いや-マンガで古典が学べるなんて最高ですよね。

もちろん原典の方が内容は濃いわけですが、原典はむずい。。

まんがで読破シリ-ズをまず読んで、興味のある分野だけ原典にあたってみる、というのが良いかもしれません。

ちなみに、このシリ-ズのうちいくつかはAmazonのサ-ビスであるKindle Unlimitedに登録すれば読み放題です。

当然ながらぼくも登録してますw

「初月無料、その後月額980円で本・マンガが読み放題」という鬼畜っぷりw

たくさん読みたい方はKindle Unlimitedに登録してから購入した方が圧倒的にお得です!

関連書評

古屋兎丸さんのマンガ『人間失格』が面白い。原著の現代版でわかりやすい。
マンガ『人間失格』を知っているか。太宰治の希代の問題作「人間失格」を、現代社会を舞台に変え、完全コミック化! 「恥の多い生涯を送ってきました」――ネット上に見...
人間失格 ー太宰治の代表作!「俺のことじゃん」と共感してしまう衝撃の内容!【太宰治の全作品を書評するno.8】
太宰治の代表作と言えば!!!!そう、『人間失格』ですね!今日はその代表作『人間失格』書評記事です。早速紹介していきましょう。ざっくりいうと→「道化」をし続けた...

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com