お笑いライブに出場するってどんな感じ?個人的な改善点と合わせて紹介するよ

こんにちはどろますた。です。

長年の夢が一つ叶いました!

それは、漫才ライブに出ること!

現在3つのライブに出場して、次はどの大会にでようか、という感じ。

 

・・・まぁ、結果は全て敗退だったんですけどね泣

 

この記事では、「お笑いライブに出るってどんな感じなん?」という雰囲気を個人的な反省を含めお伝えします。

お笑いライブの雰囲気

①料金支払、説明

⬆事前説明の図。

まずは受付。この時コンビ名を言って料金支払いを行います。その後説明が入ります。

この順序は逆の場合もあり。

ちなみに料金はコンビあたりなので、一人あたりの負担はあまり重くないですね。

前回のライブは1人あたり1000円台でした。

メンバーの数が多いほどお得。

②本番

説明のあと、1時間ほど空きがあり、本番がはじまります。

コンビ数は事前に発表され、自分の出番以外は、他の出場者の芸を見ることも可能。

ぼくは練習時間以外は客席にいて、大笑いしてます。

やっぱり勉強になりますし、純粋に見ていて楽しいんですよね。

また、本番中は他の出場者と仲良くなったりもできます。

楽屋には有名人が来るケースもあり、非日常感満載でとても楽しいですよ。

③結果発表

全ての組の芸が終わると結果発表。

ここで順位や、次の大会に駒を進めることができるかがわかります。

評価者は大きく「観客投票」、「審査員投票」の2つのパターンがありますね。

前回のライブでは観客投票で一票しかもらえなくて、少し落ち込みました泣

改善点

①セリフがかぶるのを改善する

ぼくたちののコンビ漫才は、セリフがカチッと決まってなく、二人のセリフがかぶるケースが多かったんですよ。

これ、マズかったなぁって。

お客さん目線でいうと、何言ってるかわからなくなりますから。

漫才中に、観客の頭の中に疑問符を与えては絶対いけなくて、スッと理解できるコンテンツじゃないといけない(たぶん)。

そのために、まずは前提としてセリフはかぶらないよう、明確にするのがよいかな。

②受けなかった部分を削り、受けた部分を深掘る

受けなかった部分をまず削るべし(多分)。

受けた部分を残し、深堀すべし(多分)。

漫才をすると、受けなかった部分と受けた部分が明確にわかります。

自分たちでは面白いと思った部分も、観客目線でみると全くはまらなかったりするわけですね。

なので、思い切って滑った部分ははぶく。

そして、笑いが取れた部分は拡張していく。

この繰り返しが大事だと感じた。

まとめ

次回こそは勝ちたい…。

同じように考えている人は、参考にしていただければ!

スポンサーリンク

本を安く読みたい方へ

【Amazonプライム】Kindle1冊無料以外にも!会員登録したときのメリットを紹介するよ
Amazon Primeというサービスがあるんですけど、非常におすすめできるサービスなので紹介します。「Amazon Primeってぶっちゃけどうなん?」、「入った方がいいの?」と...
月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した件
驚愕。Kindle Unlimitedによって電子書籍読み放題!!!!▲強烈すぎる。早速登録して確認してみたのですが、なんとこのラインナップで月額980円。しかも初月タダという...

おすすめ本のまとめ記事が人気

【2018年版・随時更新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画を紹介するぞ
Amazonには本、漫画、雑誌などが読み放題になるKindle Unlimited。その蔵書数は非常に多く、「何から読めばいいの!?」と迷ってしまう方も多いですよね。そこで、当記...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
【買うなら今でしょ!】林修先生の全著書を読んだぼくが林先生のおすすめ本を5冊アツく紹介するよ。
「今でしょ!」で一世を風靡して、今なおテレビで活躍し続ける林修先生。ぼくは以前林先生の授業を受けていたこともあり、先生の著書は全て読んでます。そこで!当記事...

大学生におすすめの記事

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...