20代男、街コンデビュー。当日の流れや感想書くよ

こんにちはどろますた(@dromasuter)です。

先日、人生で初めて街コンに行ってきました。

大学生の時から気になってたんですが、なかなか勇気が出なかったんですよねw

「街コンってどんな雰囲気なん?」と気になる方のために、当記事で街コンの流れや感想残しときます。

当日の流れ

▲土曜日の13時から。場所は表参道。

▲店内に入るとスタッフの方は身分確認。

必ず身分証を携帯しましょう。

また、街コンにもよりますが、ぼくが参加した街コンは荷物を預けると500円のチャージがかかりました。

なるべく荷物は軽めにして、常に持ち歩くスタンスがいいでしょう。

受付が終わると、「3階までどうぞ」と言われ、階段を登っていきます。

▲2階。緊張するぞ。この上にはもう、人が集まっているんだっっっ。

▲ドキドキドキドキドキ

………..街コンかいしっっっっっ!!!!

▲会場は2フロア。

ビルの3階と、屋上。

かなり部屋は狭く、少し窮屈でした。

しかしその分距離感も近く、全8組(多分)中、4ペアも話せましたね。

人数は、男女共に20人弱。

ぼくも含め、ペアで参加している人が非常に多かったです。

お一人様はいなかったかと。

あ、ちなみにお値段は男性一人当たり5980円、女性は1980円でした。

▲屋上。

お昼スタートということで、バーべキューを提供してくれました。

メニューは肉、焼きそば、野菜。

▲座って談笑できる場所も。

ただ、行った日が8月初旬だったのでとにかく暑かった…。

街コンは15時で終了。早めに抜けることも可能、とのことでした。

街コン 感想

ペア参加が吉

今回知人と2人で参加したのですが、やはり数人でいくべきだと感じましたね。

基本的にペアできている人がほとんどなので、正直一人でいくのは相当な覚悟がないとしんどいかと。

街コンを検討している人は、たとえ「お一人様も可」であっても誰かと行くことをおすすめします。

話しかけにいく必要有

街コンってイメージだと、「スタッフが男女のセッティングまで全部やってくれる」という感じがしません?

今回の街コンでは、「時間です、話す相手を変えてください」というアナウンスがあっただけでした。

なので、「話しかける」という行為は必要です。

ここにメンタルブロックある方は案外大変かもしれません。

終わりに

街コン、個人的に好き!

やはり交流を求めている前提の人が集まっているので話しやすい。

ただ、「話しかける勇気が必要」・「制限時間が限られている」など、お値段以上のものを享受するためにはやはり努力も必要ですね。






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。