大阪観光で人気の「大阪城」のおすすめポイントを紹介するよ

こんにちはどろますた(@dromasuter)です。

大阪観光の目玉といえば大阪城。

非常に外国人に人気のスポットなんですよね。

しかし大阪城はとても大きいので、あらかじめ調べておかないと効率よく回れず時間を食います。

そこで!!!!

この記事では、ぼくが実際に回って感じた、大阪城のおすすめポイントを紹介します。

行く時にぜひとも参考にしてみてください。

おすすめポイント1 城内

回った感想として、歴史好きと歴史に興味のない人で、回るべき場所が変わるなーと思いました。

歴史好きな人は城内を全て回るべし!

城内は基本的に撮影禁止なので、テキストのみで。

大阪城内は、豊臣・徳川時代を存分に味わえる設計になっていました。

戦の詳細はいうまでもなく、戦国時代に食のあり方など、豆知識も非常に多く、歴史好きにはたまらないでしょう。

歴史に興味ない人は6Fと最上階へ!

一方、どちらかというと歴史に興味ない人もいますよね。

そんな方は、まず6Fの「秀吉の生い立ち」を味わってみるのをおすすめします。

秀吉の歴史を、3D映像を使って視覚的に解説していたので、非常に楽しめました。

また、最上階もおすすめ。

▲最上階から撮影しました。ここは撮影可。

最上階は非常に眺めが良く、大阪の街を一望できます。

歴史にとくに興味がなくとも、ここから見る景色は圧巻です。

おすすめポイント2 御座船

大人1人1500円で乗れる「御座船」も非常におすすめ。

▲大人1名1500円、高齢者1000円、子供750円。

これは払う価値がありました。

▲水上なので夏場は非常に涼しい。

船頭さんによる大阪城の成り立ちや構造の説明を聴きながら、のんびりとお城を味わうことができます。

大阪城の石垣は、遠くは九州から持ってきたそう。しかも、ノリを下に敷いて、そのぬめりを利用して転がして運んだのだとか。

どんだけ時間かかるねんww

他にも、黒い岩は全て焼夷弾を食らったものである等、色んな豆知識を学べました。

文明が成長してない中、当時の人は死に物狂いでこのお城を作ったんだろうなぁ…。

そう思うと非常に趣深い、なんともいえない想いを抱きました。

大阪城 まとめ

大阪城、非常に満喫できました。

このブログでは松本城も紹介したのですが、正直大阪城の方が上でしたね。

視覚的な説明が充実していたり、御座船があったり。

大阪観光で興味があれば、ぜひ一度この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

本を安く読みたい方へ

【Amazonプライム】Kindle1冊無料以外にも!会員登録したときのメリットを紹介するよ
Amazon Primeというサービスがあるんですけど、非常におすすめできるサービスなので紹介します。「Amazon Primeってぶっちゃけどうなん?」、「入った方がいいの?」と...
月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した件
驚愕。Kindle Unlimitedによって電子書籍読み放題!!!!▲強烈すぎる。早速登録して確認してみたのですが、なんとこのラインナップで月額980円。しかも初月タダという...

おすすめ本のまとめ記事が人気

【2018年版・随時更新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画を紹介するぞ
Amazonには本、漫画、雑誌などが読み放題になるKindle Unlimited。その蔵書数は非常に多く、「何から読めばいいの!?」と迷ってしまう方も多いですよね。そこで、当記...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
【買うなら今でしょ!】林修先生の全著書を読んだぼくが林先生のおすすめ本を5冊アツく紹介するよ。
「今でしょ!」で一世を風靡して、今なおテレビで活躍し続ける林修先生。ぼくは以前林先生の授業を受けていたこともあり、先生の著書は全て読んでます。そこで!当記事...

大学生におすすめの記事

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...