M-1予選に出場したので、感想と課題点洗い出ししてみる

お笑い大会の頂点に君臨するM-1グランプリに出場してきました。

(誰でも出られるんですがw)

▲会場は新宿でした。大阪などでも開催してるとのこと。

3分の1が予選を通過し、2次に進めます。

続いて感想。

負けました

はいwwwwwwwwwwwwwwwwww

スベりましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

有名なお笑い大会ということもあり、お客さんは非常に温かく、前のペアも結構ウケてました。

なので、出番の前には「俺たちも受かるんじゃね?」とテンション上がりっ放しでした。

しかし、ぼくたちだけ、驚くほど受けませんでしたwwww

はいwwwwwwww

どーも失礼しやしたーーーーーーーーーーwwwwww

ネタの差し替えをするんじゃなかった。

原因としては、直前に新ネタに切り替えたこと。

正直、他のステージでそこそこウケたネタを持ってくるべきだった、と後悔しています。

ウケが証明されていたネタであれば、少なくとも少しはウケたでしょう。

ここは悔やまれるなぁ。

どのネタが受けるか、場数を踏んで確かめるべき。

受けるネタを、自分たちで特定してから出場すべきだった。

今回披露したネタは初披露だったんですよ。

自分たちは面白いと思っても、周りがどう感じるかは別問題。

ネタを作り、披露し、滑った部分を修正する。

その過程でできたベストなネタを持ってくるべきで。

ここ、間違ってたなぁ

楽しかった。

いやしかし。楽しかったですよ。

やはり人前に出て何かするのが好きだ。

緊張するし、恥ずかしい思いもするけど、多分自分の生きる道はこのあたりにあるなーと。

また出たいぞ

ということで、また出場しよう。

M-1は1年に1回なのでもう出られませんが、違う大会にどんどん出て行こう。

9/22、9/29に一回ずつ大会に出場するのが決まってて、まずはそれに全力投球。

会社員との両立はなかなか大変ですが、なんとかやっていきます。

ネタ作りサンキュー。

会社員やりながら大会に出られるのも、コンビのうちのもう一人がスケジューリング、ネタ作り全般をやってくれてるからです。

まじでありがとう。

自分はネタを考えるのが苦手で、どちらかといえば作ったネタを推敲するのが得意。

なので、非常にマッチしたコンビだと勝手に思っています。

全力で演じるから、これからもネタ作りお願いいたしますwwwwww

これからも楽しくやっていきましょう。

以上、M-1の感想・課題点に洗い出しでした。

がんがんいくでー!