ルミネtheよしもとで漫才を見てきて気づいた、ぼくたちの漫才に足りないもの

新宿にある、「ルミネtheよしもと」で漫才を見てきました。

結論から言うと、とっても面白かったです。

4200円だったのですが、支払う価値はありました。

本物の芸人が面白い理由

①言葉一つ一つが洗練されている

漫才のネタは言うまでもなく、ハッキリと、わかりやすい。

しかし、刮目すべきは、ネタの間に挟む言葉たち。

アドリブも、アイスブレイクも、一つ一つ、研ぎ澄まされていました。

お笑い芸人は当然ながら、ステージ上のたった数分で周りを笑わさねばなりません。

洗練されてないと、間違いなくステージに立てないんですよね…..。

②とんでもない場数を踏んでいる

「受けるネタ」と「受けないネタ」がありますよね、どのコンビにも。

そして、お客さんになにが受けるかは、実際にステージで試してみないとわかりません。

「ステージ上で笑いを連発」=「実践を通して、ネタの取捨選択を行い続けた結果」だと考えます。

爆笑をとっていたコンビは間違いなく、場数を踏んでいる。それも圧倒的に。

場数を踏み、その都度受けるネタを残し、洗練させることができます。

その結果が、あの大爆笑。

③「ネタをやる」以上にコミュニケーションを大切にしていた

ネタは見世物ですが、見せる相手を「今から笑おう」というムードにしてあげる必要があります。

多くの芸人は、ネタに入る前に小話やお客さんとの会話を挟み、独自のムードを作り出していました。

「面白いネタ」だけではなく、「面白いネタ+場のムード作り」が爆笑に繋がるんですよね….!

ぼくたちの漫才に足りないもの

①「受けるネタ」を検証する場数が足りない

「受けるネタ」が、自分たちの中でわかっていない。

場数を踏んで、どんどん検証していきたいなと考えた。

②言葉選びが雑

ステージ上の芸人のネタは全て、わかりやすかった。(一部理解できない部分もあったが。)

その理由は、言葉選びにあると考えました。

逆に言うと、自分たちの漫才はまだまだ言葉選びが雑。

簡単な言葉だけで構成された漫才に仕上げていく必要あり。

③お客さんとのコミュニケーションが足りない

「ネタをみせるぞ!」という意識だけでは足りない。

もっと「目の前のお客さん」を意識すべきだと思った。

そのために会話をしたり、会場の最寄駅など共通の話題を提供するのもいいなと。

「この人たちの漫才を聞こう」とお客さんにもっと思ってもらう工夫が必要ですね。

終わりに

お笑いを初めてから、ライブ一つとっても見方がガラりと変わりました。

言葉選びが違う。声のハリが違う。コミュ力が違う。場数が違う。

誰も自分たちの功績を自慢しないけど、観ただけで、伝わってくる。

圧倒的熱量と、圧倒的経験を見せつけられました。

まだまだ量が足りない。それも圧倒的に。