9/22 大喜利大会に出た感想と反省点をまとめる

9/22に大喜利大会に出場しました。

場所は新宿。

概要

AからFの6つのグループにわかれる。

各グループのトップと、その他全員の中でもっとも得点を取得した人が、決勝戦に駒を進めることができる。

決勝戦で優勝できれば、別日開催の決勝大会に出場できる!

感想

予選で負けました笑

初参加ということもあって、とにかく数を出そうと思って、たくさん回答しました。

最初は滑りまくって大変でした。

しかし、徐々に調子を取り戻し、何度か笑いをとることができました。

爆笑も一回とることができましたね。

しかし、ぼくの横の参加者がとても面白かったので、敗退という結果に。

課題

課題は、「話し方」だと思いました。

アイデア勝負だと、ぼくは勝てないフィールドなんですよね。

どちらかと言えば、サードゴロのような内容を、面白おかしく話す方が無理なく戦えると感じました。

端的にフリップの内容を話すのではなく、長く長く喋って、最後のオチだけフリップで見せる等、「魅せ方」に磨きをかけたいですね。

いや、本当に、信じられないアイデアを出してくる方がたくさんいたんですよ、本当に。

なんでこんなにおもしろいんだ?みたいな。

アイデア勝負でなく、魅せ方を磨こう。

まとめ

負けだけど、大喜利好きだなぁ。

台本がある漫才の方が安心感はある。

一方、大喜利は一発勝負。

今までの思考回路の総決算が求められる。

プレッシャーも大きい。しかし、刺激的で楽しい。

機会があったらまた出るぞ。

漫才、音楽など、「人前に出て演じる」系が好きだなぁ。