【絶対読むべき!】発売から2年、なぜ『嫌われる勇気』は売れ続けるのか。

book

本好きで、この本を読まない人をぼくはみたことがありません。

「本好き!」と自称している人と話すと、必ずこの本が出てきますね。

ぼくもこの本を1ヶ月近く読み込んだ時期があり、中々思い入れが強いです。

さらに、この本って発売開始時期が2013年の12月なんですよ。

 

つまり、もう発売開始から2年が経過しているのです。

なのに、店頭には未だに並んでいるのです。

すごくありませんか?

 

ぼくは書店に毎日のように行くのですが、『嫌われる勇気』みたいな超ロングセラーを見たことは未だかつてありません。

 

今日はそんな『嫌われる勇気』が「なぜ売れているのか」考えてみました。

①誰しもが持つ承認欲求とその克服について、簡潔に示している。

人間の根本的な欲求の一つ、それは「承認欲求」です。

人は誰しも、「他人から、自分がどのように見られたいか」を考える側面があります。

これは本能ですから、避けることはできません。

けれども、この「承認欲求」は時として害悪となるときもあります。

「自分のやりたい事」を追求していくとき、「承認欲求」は邪魔になるからです。

 

例えば、作家になりたい人は、まず何よりも高クオリティの作品を何本も書く必要があります。

ところが、そういう人は往々にして「作家として見られたい」欲求を備えています。

後者の欲求が優先するとき、人は「作家」を極めることができず、「作家として褒められる」道へと迎合してゆくことになります。(たとえば、飲み会に参加するとか、講演会で話すとか。)

 

『嫌われる勇気』ではそんな「承認欲求」をわかりやすく解説した上で、それを禁じるよう指示しています。

誰にでもあるこの欲望を捉え、言葉で平易に解説しているあたりが、多くの人に支持される所以の一つですね。

②「幸福」という人生最高の目的を定義し、そこへ到達する方法まで明快に網羅している。

誰しも、幸せになりたいと願っています。(そうでない人もいますが。)

でも、ほとんどの人が「幸福の定義」自体を把握していません。

ところが、本書ではそれを「他者貢献である」とはっきり明示しています。

そして、ゴールをはっきり示した上で、そこに達するために「他者から嫌われることを恐れるな」と言っているわけですね。

さらに、そんな考え方に自分のマインドが入れ替わるまでに、本書は

「生きてきた年数の半分はかかる」

とこれまた明示してあります。

20年生きている人であれば、努力すれば30才までに幸福に至る人間へと進化できるわけですね。

このように、「幸福の定義」やそこに至る「思考法」と、その思考法を獲得するまでの「期間」がハッキリ記されています。

このような「明快に、網羅している」あたりも爆発的に支持されている理由の一つです。

③終わりに

まとめると、この本が2年にわたって支持されている理由は

「人間の根本の欲求の把握と、それの克服」、さらに「幸福の定義とそこに至る道のり」を明快に記述しているところですかね。

多くの人が持つ「現状の、ちょっぴりよくないマインド」と、「そこからの幸福への道のり」を解説しているのが『嫌われる勇気』。

人類必読の書、といっちゃったら、言い過ぎでしょうか?

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...