『碧いホルスの瞳』というマンガが超おもしろい!古代エジプトで女主人公がファラオを目指すマンガ。

マンガ・『碧いホルスの瞳』という歴史マンガ、これまたオススメ。

運命を切りひらき、少女は偉大な王となる――。

現代から約3500年前、古代エジプト。
男性が王座につくことが当たり前だった時代に、
女ファラオとして国を治めたハトシェプストという人物がいた。
“男装の女王”と謳われるほど、強く気高く生きた彼女の激動の生涯、その幕が、いま上がる!
新鋭・犬童千絵が鮮やかに描き出す、古代エジプトの風景とそこに暮らす人々、
そして自ら運命を切りひらいたひとりの女性。
漫画誌ハルタで連載中のヒストリカル・ロマン、待望の第1巻!  

ーAmazon 内容紹介より

これが、めちゃくちゃおもしろいんですよ。いやもう抜群。

古代エジプトで、王族のもとに生まれた女性が最高権威の「ファラオ」を目指すお話。

個人的にこういう強い女性が好き、というのもあるんですけど、何より描写やストーリー構成が面白い。

やはり「不可能」を「可能」にするのはロマンがあってのめりこんじゃいますねえ。

もちろんですが、当時のエジプトは男性社会です。

この物語のはじめは、主人公の父親がファラオの状態ではじまります。

しかし、彼の死後、主人公の兄がファラオになります。

主人公は、兄より武術が上だったりして能力が高いんですけど、「女だから」という理由で王位につけません。

彼女はその悔しさを胸に秘め、自分が王になる作戦を決行します。

いや、もうこの構図がそそるんですよねえ。

なんか大人気マンガ『NARUTO』ににてますよね。

あれも、弱い主人公が里の最高権威である「火影」になるために努力するお話ですよね。

「弱い主人公」が「途方もない夢」を掴み取る、とう構図は、ぼくたちをワクワクさせてくれます。

そもそも現実社会において夢を実現できるのは一握りで、後の人は必然的に夢を諦めることになります。

そんな彼らは、心の中で「夢をかなえたかった」という気持ちが残ってると思うんです。

そうして、アニメの主人公に入れ込み、自分の夢を叶えてもらうのです!

・・・熱くかたりすぎましたが、このマンガは一つ物足りないところがあるんです。

それは

「まだ1巻しかでてない!!!!」

という事実です。

これは困りましたねえ。もう、一気に30巻くらい読んでしまいたいw

なので、一気に読みたい人、読後の不満足感がいやな人にはおすすめできませんね。

まあそれでも、非常におもしろいマンガなので興味あるひとはぜひ!