バンドが楽しい3つの理由!!音楽好きはバンドやってみれば??

新しくバンドにチャレンジしています。

インドでインターンをしていた時に、「書く仕事」が好きだとわかったんですけど、同時に

 

「バンドやりたい!」

 

という思いが強くなっていったんですね。

 

インターンの傍らずっと音楽を聴いて、自分が歌っている姿を妄想してニヤニヤするくらいでしたから。

 

で、今日生まれて初めて、「バンドの合わせ練」を体験したわけです。

これが楽しかった。その理由を書いていきます。

 

①全員で好きな事に取り組んでいる。

まずは、これですね。

バンドをしている人で、「いやいややっている」人は皆無です。まあ当たり前ですが。

 

だから、練習をしている最中は「みんなが楽しんで」やってるわけですね。

そういう時は、何だかいい雰囲気です。

誰かがミスっても、別に誰も怒ったりしないわけです。

風通しが良い感じです。

 

②一つのものを作り上げる感覚がたまらぬ。

もちろん、最初はうまくいきません。

ぼくは今回「立ちボ(立って歌うボーカル)」のみなんですけど、何度も歌詩を間違えました笑

 

でも、合わせていくうちに段々あってくるわけです。

カラオケだとリズムは最初から決まっているので楽です。一方バンドはリズムから何まで自分たちで創るわけですから、最初はもどかしい感じもします。

 

しかし、それが合わさっていくにつれ、今まで味わった事のない独特の「いい感じ」を抱くんですよね〜。

やはり、受動的な楽しみだけじゃなく、「自分で創り上げる楽しみ」もいいですねえ。

 

③カラオケじゃ得られない課題が見つかって面白い!!

ぼくはヒトカラに週4くらいで行くんですけど、バンドの練習ではカラオケにはない課題が見つかります。

例えば、歌を入れ込む場所だったり、立ち位置だったり、ハウリングだったり。

 

ぼくは立ちボなんで、「カラオケと変わらねえ!!!」と思ってましたが、全然違いました笑

緊張して歌詞も忘れてしまいます笑

 

こういった、新たな課題が見つかるのは、新たな試練だと思えば楽しいですねえ。

 

終わりに

ヒトカラで一人で自己満するのも好きです。人生自己満が全てですからね。

けれども、「好きな事を、数人でやる」という体験を初めてしたので、すごく新鮮で楽しかった。

 

なので、音楽好きな人は、一人でいるのもいいですが、「バンドやってみる」のもいいんじゃないっすかね?

 

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...