初心者が三国志を楽しみながら学びたいときにおすすめのマンガ・本を段階別にガチで紹介するよ

三国志は中国で生まれた超有名な歴史小説です。名前だけなら聞いたことがある人は多いでしょう。

ですが、実際に詳しく読んだことがある、という人は意外と少なく、その中には「よく知らないけど読んでみたいっ!」と思っている人もいるでしょう。

とはいえ三国志の原著に基づいて作られている『完訳 三国志(岩波文庫)』は非常に読みにくく、初心者にはとっつきにくい内容となっています。

そこで、当記事では三国志を楽しみながら学びたいときにおすすめのマンガと本を紹介。

ステップアップできるよう段階別に紹介しているのでぜひ参考にしてください。

三国志 (まんがで読破) 難易度:易

まずはこれ。「全く三国志を知らないけど、読んでみたい」と考えている初心者の方におすすめです。

劉備とか曹操とか諸葛亮とか聞いて「?」となるならまずはこのマンガを読んでみましょう。

このマンガの非常に良いところは、三国志の全体像を1冊でサクッと押さえられるところですね。

初心者でも手軽にサクサク読み進めることができる良著となっているのです。

さらにマンガなので、活字オンリーの書籍よりもイメージが湧きやすく理解の一助になりますね。

この本はまず「楽しんで読むこと」を前提に、主要キャラクターの性格や出身国、身なりを頭の中でイメージできるところまで目指しましょう。

そうすれば今後理解のスピードがあがり、無理なく他の作品を楽しむことができるでしょう。

三国志 横山光輝著 難易度:易〜普通

前の『三国志(まんがで読破)』を読み終えたら、少し読み応えのあるシリーズを読んでいきましょう。

このときおすすめなのが横山光輝著・『三国志』です。

横山光輝氏は三国志の著者として非常に有名で、その作品群を「横山三国志」と総称することもありますね。

先に紹介したマンガで三国志の全体像をなんとなく掴んだ人は、今度は具体的なストーリーをガンガン読み進めていきましょう。

横山三国志はキャラクターの描き分けもとてもうまく、膨大な登場人物が一目でわかるよう工夫されており、非常に読みやすいです。

このマンガでは三国志の有名シーンがほぼ全て網羅されており、このマンガを読み終えたら相当な「三国志ラバー」になっていること間違いありません。

この過程で好きなキャラクターが見つかり、三国志に愛着がわく人も多いかと思います。

全30巻あるので急いで読もうとせず、お仕事や学校帰りに自分のペースで読み進めるのがよいでしょう。

三国志 吉川英治著 難易度:普通〜難

先に紹介した二つのマンガで、全体像と大体のストーリーが頭に入ります。

マンガなので視覚的なイメージも残っていることでしょう。

この段階で、いよいよ活字のみで書かれた三国志に進みます。

活字の三国志には様々な種類があるのですが、ぼくは吉川英治氏の三国志をおすすめします。というのも多くの三国志作品の中でも特にまとまっており、更に面白くアレンジしてあるからです。

こちらは全8巻で、つまらない部分を省いた良質な作品となっていますね。

著者の吉川さん自身、この作品のあとがきで「つまらない部分をカットした」旨を書かれており、その言葉通りスッキリまとまっている印象を受けました。

ただし、カットしたとはいえ全8巻もあるので、かなり読み応えがあります。読了には数ヶ月はかかると見積もっておいた方がよいでしょう。

完訳 三国志 (岩波文庫) 難易度:難

上記3つの作品を読み終えた方は、もう三国志を語れるレベルに達しているでしょう。かなりハイレベルな状態です。

その状態に達したら、最後にラスボスに挑戦しましょう。

ラスボスは、1988年7月に出版された岩波文庫の三国志。

全8巻からなり、なるべく原著に忠実に再現してあるのがポイントです。

吉川三国志に比べくどい部分も多く、ちょっとイマイチな部分も残さず訳されていますが、読み切ったときの達成感はダントツ。

難易度が高いからといって肩肘張って読む必要は全くなく、あくまで楽しみながら読み進めていきましょう。

終わりに

というわけで、三国志の段階別おすすめマンガ・本の紹介でした。

この手順でいけば楽しみながらステップアップできるかと思います。

三国志に興味がある方に少しでもお役に立てれば最高に嬉しいですね。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...