「ブスの気持ちがわからない」で始まる小島慶子さんの『わたしの神様』がヤバおもしろい。一気読みっす!

2016年、初めて読んだ小説がこの『わたしの神様』。

作者は小島慶子さん。女子アナの経験者ですね。

内容は、女子アナを中心として、男の権勢欲や支配欲、女の醜い嫉妬や足の引っ張り合いを表現した作品ですね。

いや、怖いですね。

華やかなテレビの裏では、こんなことが行われていたのか、と思わされます。びっくりの連続です。

ぼくは途中で見るのがいやになりました。

ですがそれでもページをめくりたくなる、そんな作品です。

この本の見所は?

この本のみどころ。まず一つ目は「女性ならでは視点が面白い」ことですね。

具体的にいうと、着ている服などの描写が細かく、長い。

女性は見た目を気にすると言われますが、これは本当ですね。男のぼくは全く理解できません。

例えば初めのこの部分。

まなみを見ないで挨拶を返した沢登の今日の出で立ちは、仕立てのいい紺のジャケットに、地柄の織り出された高価そうな白シャツと渋い金色のネクタイ。胸元にはトレードマークのフクロウのブローチがつけられている。テレビ画面ではよくわからないが、ダイヤモンドを使った特注品だ。税金対策でスタイリストにした妻が、毎日コーディネートを決めている。ー本文より

一人の登場人物の格好を表現するのに、ここまでやるのです。

ぼくも小説を書いたことがあるのですが、ぼくだったら「紺ジャケットを羽織っている」でおしまいにしますね。

すごく描写が正確で、細かい。

もう一つ大きなみどころ。それは「人間の醜い本心がよくわかる」点ですね。

特に、冒頭の文章は秀逸です。最初から引き込まれてしまいます。

 私には、ブスの気持ちがわからない。

 胸元のマイクを直す音声担当の女を見下ろしながら、まなみは思った。この人だって、もっと顔がきれいだったら、こんな男みたいな裏方仕事、しないで済んだだろうに。男と張り合うよりも、可愛がられた方が得だ。それが望めない女だけだ、男と対等に働きたいなんて負け惜しみを言うのは。ー本文より。

うっほ強烈!!!!!!!

この小説はこの冒頭の暴露っぷりがすごすぎて、終始「おもしろい」と思いながら読むことができます。

このように、女性ならではの描写と、醜い本心がよくわかる2点が、この小説の魅力ですね。

小説好きであれば2時間くらいで読めちゃいます。

ガチでおもしろいです。

終わりに

新年一発目にふさわしい、強烈におもしろい作品でした。

ガチでビビる、芸能界の裏。(フィクションだろうけど・・・)

まあ真偽のほどはわかんないんですけど、いずれにせよエンタメとして最強に刺激が強くて読みやすいっす。

スポンサーリンク

本を安く読みたい方へ

【Amazonプライム】Kindle1冊無料以外にも!会員登録したときのメリットを紹介するよ
Amazon Primeというサービスがあるんですけど、非常におすすめできるサービスなので紹介します。「Amazon Primeってぶっちゃけどうなん?」、「入った方がいいの?」と...
月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した件
驚愕。Kindle Unlimitedによって電子書籍読み放題!!!!▲強烈すぎる。早速登録して確認してみたのですが、なんとこのラインナップで月額980円。しかも初月タダという...

おすすめ本のまとめ記事が人気

【2018年版・随時更新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画を紹介するぞ
Amazonには本、漫画、雑誌などが読み放題になるKindle Unlimited。その蔵書数は非常に多く、「何から読めばいいの!?」と迷ってしまう方も多いですよね。そこで、当記...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
【買うなら今でしょ!】林修先生の全著書を読んだぼくが林先生のおすすめ本を5冊アツく紹介するよ。
「今でしょ!」で一世を風靡して、今なおテレビで活躍し続ける林修先生。ぼくは以前林先生の授業を受けていたこともあり、先生の著書は全て読んでます。そこで!当記事...

大学生におすすめの記事

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...