堀江貴文さんの『本音で生きる』は生きづらい全ての方におすすめ!

これはおもしろい。堀江貴文さんの『本音で生きる』。

[amazonjs asin=”B00W4O6E0U” locale=”JP” title=”本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)”]

この本のメッセージはタイトル通り、「本音で生きよう」です。

詳しく見ていきましょう。

本音で生きる為にはどうすればよいか?

堀江さんは幼い頃から常に本音で生きてきたのだそうです。

そしてその生き方を貫くには、次の3つが必要だと説きます。

1.言い訳をしないこと

2.バランスをとろうとしないこと

3.「自意識」と「プライド」を捨てること

最初の項目は、「言い訳をしない」。

まずはこれを徹底すべき、と説きます。

 僕はメルマガを含め、人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、「でも◯◯だから、それはできないんです」と言われることがかなりある。

 その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

 なかでも、今すぐやめるべきは、こんな言い訳だ。

・お金がないから

・時間がないから

・凡人だから、才能がないから

・やり方がわからないから ー本文より

2つ目は、バランスをとろうとしないこと。

堀江さんは、人生のバランスをとって効率よく生きる考えかたを「ずるい」と言っています。バランスをとらないで、何かに没頭するのがよいのです。

多くの人は、「バランス」をとろうとしすぎる。

 でも、それはちょっとずるいと思うのだ。

 仕事も家庭も趣味も、なんでもかんでもいいとこどりで、バランスのとれた生活をしたいと言っておきながら、もっと時間を効率的に使いたいとか、チャレンジの多い人生を送りたいとか、人間関係で悩みたくないとか……。

 それははっきりいって無理だ。ー本文より。

エキサイティングな人生を送りたいなら、何かを犠牲にし、そこにひたすら没頭すべきなのだ。

3つ目は、自意識とプライドを捨てること。

まず自意識について、堀江さんは「他人はあなたのことを気にしていないから、さっさと自意識を捨てよ」と説きます。

 結局、他人のことなんて、誰も気にしていない。それなのに、たいていの人は有名人でもなんでもないのに、自分が世間から注目されていると思い込んでいる。本当は有名人ですら、誰も注目していないのにー本文より。

さらに、プライドもさっさと捨てた方がよいと説いています。

プライドはなくなったほうが、みんなに愛される。

確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。ー本文より。

確かにこれありますよね。何かお高くとまってる人よりも、自然体の人のほうが関わりやすいですよね。

終わりに

堀江さんの本はたくさんありますが、この本はその中でも「生き方」にフォーカスした本です。

堀江さんはその実力もさることながら、その生き方が清々しく風通しがよい。

「生き方」で悩んでいる人にオススメですね。

[amazonjs asin=”B00W4O6E0U” locale=”JP” title=”本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)”]

堀江貴文さんのおすすめ本の書評、他にもあるよ!

堀江貴文さんの新刊が出ましたね。すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)posted with ヨメレバ堀江 貴文 光文社 2017-03-17 KindleAmazo...
堀江貴文さんの『ゼロ』を読みましたよ〜!!結構前ですが・・。誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ決してマイナスにはならない...
堀江貴文さんの『君はどこにでも行ける』を読んだ!読んだ。自分の思考の枠を取り払ってくれる1冊でした!おもしれー!/堀江貴文 の 君はどこにでも行ける を Amazon で...