初めてバンドボーカルに挑戦する人が気をつけるべき3つの心構え

どーもこんにちは。

最近のキーワードは「挑戦」ということで、様々なことに挑戦させてもらってます。

そのうちの一つが「バンド活動」

です。

去年の12/20に、記念すべき第一回目のバンド演奏をしました。

で、今回は最近初バンドボーカルを体験したぼくが、「初めてバンドに挑戦する人が、注意すべき3つの心構え」をまとめておきます。

想像以上に失敗しても大丈夫!

バンドを始める人のほとんどが、「あのバンドのボーカリストのようになりたい!」と、憧れを抱いています。

ぼくの場合はB’zの稲葉さんだったり、郷ひろみさんだったりします。

今入っているサークルでも、「好きなバンドがいない」なんて人はいません。誰かしら参考にしてるバンドがいましたね。

で、最初にバンドをやる人は、「彼らのように演奏しなきゃ!」と思いがちです。ぼくもそうでした。

で、実際バンドをして、結構ミスりました。けれども全然大丈夫だったんですよ。

別にプロでやってるわけじゃないので、ミスっても誰一人として気にしていません。なので、まずは

「失敗しても大丈夫!」

という心構えで、不安を減らしましょう。
この心理的な面はすごく大きいですね。特にバンドの中心に立つボーカルの人は、なるべく心理的な負担は軽くしておいたほうがよいです。

本番2日前には歌詞などは完璧に覚えておきましょう。

二つ目はこれ。本番の2日前までに、歌詞など完璧に覚えておくべきです。

そして、前日はあまり口を開かないで口内の乾燥を防ぎ、練習はしないでおきましょう。

本番は想像以上に緊張で声が出ません。

普段カラオケで歌う時は緊張がないので声がでます。ですがバンドの当日は超緊張します。

本番は、練習の3割減くらい思っておいたほうがよいです。

なので、「喉の状態」は万全の状態にしておかないと、ひどいことになりかねません。そしてそれを実現するために、1日前は声出ししないほうがよいです。2日前までに練習を終えておくのがよいでしょうね。

MCを考えておきましょう。

最後に、本番までに必ずMCを考えておきましょう。「なんとかなる」と思ってたら大間違いで、ぼくは緊張してオロオロしてしまいました。

せめて内容くらいはおさえておかないと、頭真っ白になるので注意したほうがよいですね。

終わりに

とはいえバンド、超楽しいです。なるべく不安を取り除いた上で、本番は思いっきり楽しんじゃいましょう。
挑戦すると得られるものが多いですね。

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com