初めてバンドボーカルに挑戦する人が気をつけるべき3つの心構え

どーもこんにちは。

最近のキーワードは「挑戦」ということで、様々なことに挑戦させてもらってます。

そのうちの一つが「バンド活動」

です。

去年の12/20に、記念すべき第一回目のバンド演奏をしました。

で、今回は最近初バンドボーカルを体験したぼくが、「初めてバンドに挑戦する人が、注意すべき3つの心構え」をまとめておきます。

想像以上に失敗しても大丈夫!

バンドを始める人のほとんどが、「あのバンドのボーカリストのようになりたい!」と、憧れを抱いています。

ぼくの場合はB’zの稲葉さんだったり、郷ひろみさんだったりします。

今入っているサークルでも、「好きなバンドがいない」なんて人はいません。誰かしら参考にしてるバンドがいましたね。

で、最初にバンドをやる人は、「彼らのように演奏しなきゃ!」と思いがちです。ぼくもそうでした。

で、実際バンドをして、結構ミスりました。けれども全然大丈夫だったんですよ。

別にプロでやってるわけじゃないので、ミスっても誰一人として気にしていません。なので、まずは

「失敗しても大丈夫!」

という心構えで、不安を減らしましょう。
この心理的な面はすごく大きいですね。特にバンドの中心に立つボーカルの人は、なるべく心理的な負担は軽くしておいたほうがよいです。

本番2日前には歌詞などは完璧に覚えておきましょう。

二つ目はこれ。本番の2日前までに、歌詞など完璧に覚えておくべきです。

そして、前日はあまり口を開かないで口内の乾燥を防ぎ、練習はしないでおきましょう。

本番は想像以上に緊張で声が出ません。

普段カラオケで歌う時は緊張がないので声がでます。ですがバンドの当日は超緊張します。

本番は、練習の3割減くらい思っておいたほうがよいです。

なので、「喉の状態」は万全の状態にしておかないと、ひどいことになりかねません。そしてそれを実現するために、1日前は声出ししないほうがよいです。2日前までに練習を終えておくのがよいでしょうね。

MCを考えておきましょう。

最後に、本番までに必ずMCを考えておきましょう。「なんとかなる」と思ってたら大間違いで、ぼくは緊張してオロオロしてしまいました。

せめて内容くらいはおさえておかないと、頭真っ白になるので注意したほうがよいですね。

終わりに

とはいえバンド、超楽しいです。なるべく不安を取り除いた上で、本番は思いっきり楽しんじゃいましょう。
挑戦すると得られるものが多いですね。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...