バンド初心者がキーボード練習をするときに注意したい3つのポイント

本日バンド演奏のための練習がスタートしました。

ぼく自身二回目のバンドなのですが、今回はキーボードで出演します。

本日1回目の合練が終わったので、このタイミングで

「バンド初心者がキーボード練習をするときに注意したい3つのポイント」

を記します。

バンド初心者の方は参考にしてみてください!

 

演奏日を決めてから、キーボード練習を始める。

キーボードも含め、楽器の練習は「アウトプット前提」で行うようにしましょう。

楽器を演奏する場合、

「なんとなく弾けたらカッコイイ」

という不純な動機から入る人がほとんどです。

こういった方には、練習を始める前に「ゴール」を決めてしまうのをお勧めいたします。

というのも、そこで自分がカッコよく弾いている姿を思い浮かべれば、ほぼ確実にモチベーションはあがるからです。

さらにゴールを決めることにはもう一つメリットがあります。

それは「短期間で集中して練習できる」というメリットです。

特に演奏の機会を設けずに、何となく練習しても大した成果はあがりません。

なぜなら「サボってしまうから」です。

例外として、アウトプットの場所がなくてもグングン上達する人もいるんですが、そういう人は少数派です。

多くの人は「好きなことでさえ、サボってしまう」という恐ろしい性格を持っています。

なので、「好きなことだから上達するだろう」などと安易なことは考えずにまず「やらねばならない環境」を作り上げ、そこから練習を始めましょう。

誰にも習わず、まずは自分でやってみる精神で。

ほとんどの楽器に関して、誰かコーチについて習うことができます。

今はスカイプで安価に練習できるところも増えていますし、結構簡単にできちゃいます。

ですが、楽器練習で肝になるのは結局「主体性」です。

相手に丸投げする姿勢だと、絶対に大して上達できません。

自分の例を出します。

ぼくは中学に入るときまでピアノを習っていました。(辞めた時期、明らかじゃないです笑)

祖母がピアノの先生をしていたこともあり、どちらかというと「やらされていた」という想いが強かったですね。

恐らく祖母や、その後ついてくれた先生も、ぼくが全くやる気がないのを感じていたのかかなり「ゆるい」レッスンだったと記憶しています。

数年間続けていたと思うのですが、正直全くうまくありません。恥ずかしいですが。

最後の発表会で「軍隊行進曲」という曲を弾いたのですが、その映像をみてぼくは驚愕しました。

「なんて下手くそなんだ!!!今まで何をやっていたんだ!」

ぼくは数年やっていたこともあり、消極的であれかなり「うまくなってるだろう」と思っていました。

なのでこれはより一層ショックでしたねえ笑

ピアノには「才能」ももちろんあるのでしょう。

ですが、何より大事なのは「主体性」です。これ、絶対。

自分から試行錯誤するのがまず大事で、それでダメだったら、できない部分をピンポイントで誰かに聞くようにしましょう。

コードはググって、youtube音源に合わせてひたすらキーボードを叩く。

基本的に、ピアノのコードはググればでてきます。

「◯◯(曲名) ピアノ」

で検索すればほぼ一番上に表示されます。

そして、そこに表示されたコードを順に弾いていきましょう。

でも、初心者だとコードをみただけではどう弾いてよいかわからない人がほとんどですよね。ぼくも全然わかりませんでした。

なので、例えば「A」というコードがわからないのであれば、今度はそれをググります。

「A コード ピアノ」

と検索すれば出てきますね。

スクリーンショット 2016 02 09 17 21 15
(Piano Chord CLIPより)

上記のようにわからないポイントを徹底的につぶしてゆき、最後にyoutubeで原曲に合わせて弾きまくります。

原曲に合わせるときは、「コードをみなくても弾ける」くらいにまで身体にしみこませるのがポイントです。

そうでもしないと、合練や本番で絶対失敗します!笑

上記の手順を踏めば、「誰にも教わらずに」基本的な和音を押さえることができます。

まとめ。

「バンド初心者がキーボード練習をするときに注意したい3つのポイント」。

注意したいポイントは以下の3つです。

演奏日を決めてから、キーボード練習を始める。

誰にも習わず、まずは自分でやってみる精神で。

コードはググって、音源に合わせてひたすらキーボードを叩く。

こんな感じです。

んじゃ!

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com