『竜馬がゆく』 by司馬遼太郎

司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』。

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。ー「BOOK」データベースより

文句なしで面白かったので紹介します。

まだ最終巻の途中なのですが………笑

あらすじ→坂本龍馬のアツい一生

この本は坂本龍馬の一生を描いた作品。
「坂本龍馬」の名前は知っていてもその生き方までは知らない人が多いのではないでしょうか。

竜馬が実は剣の達人だったとは……

もちろん司馬遼太郎さんの世界観での話ですから色付けされてるでしょうけど。

「竜馬=薩長同盟」のイメージがぶっこわされて新しい竜馬像ができますね。ただし史実とは違うみたいなんで本当の歴史を知りたい方には向かないかもしれないです。

みどころ

 

①登場人物の個性

みどころのひとつめは登場人物の個性が豊富なところですね。

有名どころだと「板垣退助」、「陸奥宗光」、「西郷隆盛」、「山内容堂」、「勝海舟」など。それぞれが竜馬の視点(司馬さんの視点)から個性ゆたかに描かれています。やはり西郷は超大物として描かれていますね!!

歴史で習った登場人物が肉付けされてる感覚はいい気分ですね。

②名言が多い

この作品、地味に名言が多くて楽しいですね。ぼくのお気に入りをひとつあげときます。

一つの概念をしゃべるとき。その内容か表現に独創性がなければ男子は沈黙しているべきだと竜馬は考えているー本文より。

 

おわりに

 

 

おもしろい。きになる方はぜひ!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...