博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-あっさりした優しい味が最高!!

福岡の超人気ラーメン店「博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店」に行ってきました〜!

福岡って抜群に食が美味しいんですよ。

しかし今回はイベント運営の関係でなかなか食レポがかけず。ようやく時間が取れ、紹介する今から興奮しておりますw

そんじゃ早速!!

場所は博多駅のデイトス!!

P 20160220 191034 1

夜の博多駅は華やか。こういう風景大好き。

P 20160220 191603

目的地到着。さーShin-Shinに直行や。

P 20160220 191625

と思ったら近くに看板発見。デイトスはラーメン屋がひしめきあってるらしい。

ちょっと揺らいだが、やはりShin-Shinへ。

P 20160220 191705

うおおテンション上がってきた。並んでもないみたい。ラッキー。

P 20160220 192654

「煮玉子入りラーメン(750円)」を注文。店員さんによるとこの店の人気メニューなのだとか。

お、きましたよきましたよ〜!!!

P 20160220 192540

クーーーー!!まず見た目がうまそうw 1日の疲れがふっとびましたw

美味しいポイント①:優しいスープ

P 20160220 192603

スープは豚骨ベース。臭みなどを作らないよう、毎日作っているんだとか。

味はかなりあっさりしつつもコクがある。東京で濃い味に慣れすぎたせいか、すごく「優しい」お味。

調べたところどうやら地下水を使ってるのだそうです。東京のラーメンに比べて健康によさそうですね。

 

P 20160220 193048

スパイス好きはオプションで辛味を追加可能。あーうまい、昇天。

美味しいポイント②:劇的に細い麺

P 20160220 192638

麺は固さを選びます。ぼくは特にこだわりないので「普通」にしました。

細麺でスルスルっと食べられる。細麺の良いところは「スープと絡みやすい」ところですね。つけ麺みたいに麺の奥までスープが染み込みづらいタイプも好きですが、スープの味を感じやすい細味ラーメンも大好きです。

細麺が売りの博多ラーメンの中でも細い分野に入るのがShin-Shinのラーメン。激細。

その細さにもかかわらず伸びにくいように加工してあるのだとか。

美味しいポイント③:ナチュラルなお味のチャーシュー

P 20160220 193241
これねー。心動かされちゃいました。チャーシューがすっごく「自然」な味がしたんです。伝わってほしい、この感覚。

東京のラーメンのチャーシューより明らかに「ナチュラル」にうまいんです。加工が少ないというか。

さらに、脂身の乗り具合もぼく好み。噛んだらトロっと溶け、硬い部分もすごく健康的な味で、全く嫌味がない。ほんと最高、このチャーシュー。2枚しか入ってないのが残念すぎる。

 

まとめ!

めっちゃ美味しかった。

イベント運営のお手伝いをしているので、1日の疲労も相まって一層おいしく思えました。

福岡に来たらまず、博多駅のShin-Shinへ!!空港からも近いので手軽に立ち寄れますよ!

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店 お店情報

関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅東比恵駅

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...