インド名物「ビリヤニ」が美味い。

biryani

あまりインド料理を紹介してなかったので紹介します。

実はインドの料理、めちゃめちゃ食べています。美味しいものもあるのですが、美味しくないものにあたってしまうこともあります笑

今日はそんな中でも抜群に美味しいインド料理の「ビリヤニ」を紹介します。

biryani

 

 

 

 

 

 

インディラナガー駅付近にあるお店。凄く地味な看板。

biryani

 

 

 

 

 

 

この赤い階段を登った上にあります。目立たない感じが逆にいいですねえ。

biryani

 

 

 

 

biryani

 

 

 

 

 

 

 

中はこんな感じ。何時もは空いているのですが今日は14時くらいだったので混んでいました。

インドの昼食時間は日本に比べると少し遅めなんですよね。

biryani

 

 

 

 

 

 

机の上にメニューが置いてあったので即注文。ビリヤニチキンにしました。お値段は180Rs(約360円)。

biryani

 

 

 

 

 

 

biryani

 

 

 

 

 

 

何となく、屋外席をチョイス。暫くするとお水が運ばれてきました。

biryani

 

 

 

 

 

 

インド名物、フリーウォーター。これに関しては意見がわかれるのですが、ぼくは胃腸が強くないので飲まないようにしています。ちゃんと買った水じゃないと飲みたくないですねえ。

5分くらいすると、早速ビリヤニが来ました!

biryani

 

 

 

 

 

 

葉っぱに乗ってやってくるのが基本。この自然的な感じが好きなんですよねえ。

biryani

 

 

 

 

 

 

こちらはチャパティ。ナンを少し硬くした感じ、といえばわかりやすいでしょうか。カレーに付けて食べると非常においしいです。

biryani

 

 

 

 

 

 

こちらはチキンカレー。少し辛めのカレーです。日本のカレーよりはさらさらしていて食べやすい。

biryani

 

 

 

 

 

 

これ何ていう名前なんですかね。。玉ねぎなどの野菜が入ったスープのようなものです。あっさりしたカレーに酸味を加えた感じかな。こちらもさっぱりしていていいですねえ。

biryani

 

 

 

 

 

 

こちらはヨーグルト風味。玉ねぎなどが入っています。味は無糖のヨーグルトに似ており、辛味が厳しくなった時に口に含むと良い。

biryani

 

 

 

 

 

 

こちらは甘めのコーンスープ。辛いものと甘いものがハッキリわかれているので、飽きることなく食べることができます。ちゃんと考えてあるんだなあ。

biryani

 

 

 

 

 

 

こうやってチャパティをつけて食べます。必ず手を洗ってから食べるようにしましょう。

(以前洗っていない指をペロりとした直後、なぜか肺に激痛が走りました笑)

汚い状態は絶対いけません。

biryani

 

 

 

 

 

 

あっという間に完食。ぼくは食べる分量は結構多いのですが、今回はこれだけでおなか一杯になりました。

チャパティ+ライスが結構腹にたまるんですよ。

もちろん味は言うまでもなく満足。

biryani

 

 

 

 

 

 

食後にはお湯が出てきて、手を洗います。これはインドのレストランでは必ず出てきますね。

終わりに

インド料理の中にはかなり美味いものもあります。ビリヤニはその一つです。他のものもこれから紹介するかもしれません。

ただ欠点は「栄養が足りない」ことですかねえ。。

常に野菜が足りない状態に陥ります。なので定期的に自炊をして野菜を補給する必要がありますね。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...