ワット・プラケオータイ・バンコク最大の名所!その規模に思わずため息。

Bangkok

タイ・バンコク最大の名所といえば「ワット・プラケオ」です。

観光のメインであり行きたい場所だったので行ってきました!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.05

▲違う記事でご紹介した「王宮前広場」から見えますね。

(*関連:王宮前広場〜地母神像ータイ・バンコクをのんびり散歩しながら名所を見物!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.18

▲メインスポットなだけあって、人がたくさん。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.24

▲人混みもなんのその。とっつげきー!!

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.29

▲ところが、半ズボンがNGとのことだったので、着替え室に移動。ただで長ズボンを貸してくれます。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.34

 

▲だ、ださいwwwww

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.40

▲チケットを買う前に、プラケオの建物の姿がちょっぴり見えた。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.58

▲波にのってしばらく行くと、チケット売り場があった。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.03

▲購入完了。一人当たり500バーツ(約1500円)。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.10

▲パンフもおいてあります。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.15

▲日本語のもあるよ。

スクリーンショット 2016-03-18 16.04.54

▲ここが入り口。チケット売り場のすぐ左。早速はいってみよう。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.21

▲でか!!!1番目立つ金の塔は、ラーマ4世がアユタヤーにある仏塔を模して作った、「プラ・シーラタナー・チェーディー」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.31

▲写真左に見える塔は、ワット・プラケオ建設と同時に作られた最古の塔、「プラ・モンドップ」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.16

▲こちらはアンコール・ワットの模型。ラーマ4世がその作りに感動し、作らせたのだとか。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.45

 

▲こちらは王室専門の御堂。名前は「プラーサート・プラ・テープビドーン」。

仏塔が天に向かってのびている。仏塔の先端にはヒンドゥーの神「シバ神」の象徴が飾られている。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.56

▲歌や踊りが得意な、インドの『ラーマーヤナ』に登場する聖鳥「キンナラ」。

スクリーンショット 2016-03-18 16.05.50

 

▲こちらは『ラーマーヤナ』に出てくる「猿神」と「悪魔」が交互に飾られています。

この塔はラーマ1世が両親のために作ったもので、猿神と悪魔はその台座を支えている。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.06

▲あつい。タオルもってくればよかった・・・。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.24

▲少し歩くと見えるのが、ワットプラケオの「本堂」。中には幻想的な仏像が鎮座している。(仏像は撮影不可・・・。)

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.28

▲寺院に付随する回廊には絵が書かれている。

この絵を順番にたどれば、タイ版のラーマーヤナである『ラーマキエン』の流れをつかめます。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.38

▲上の写真は、ラーマ1世の王子が建てた「プラ・モンティアンタム堂」で,境内の北側に位置している。

ここは仏教図書館で、中には仏教の経典が納められている。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.46

▲上の写真はナークという、雨を降らせる力があるとされる神が祀られている「プラ・ウィハーン・ヨート」。

中国製のタイルで装飾された美しい建物だ。同じく境内の北側に位置している。

まとめ

ひとことでいうと、きてよかった。ぶっちゃけ最初は「チケット買わずに帰ろう」とも思っていた笑

暑いし、人は多いし、高いし・・・。しかし盛りだくさんの内容で、入った途端のめりこんでしまった。

さすがバンコクのメインスポット。タイに来たらぜひ訪れるのをおすすめします!!

ワット・プラケオ 観光情報

営業時間:8:30am-3:30pm

料金:500バーツ(約1500円)

アクセス:N9ター・チャーン船着場から徒歩3分

注意点:NGな服装→ノースリーブ、タンクトップ、短パン、半ズボン、キュロットスカート、ミニスカート、タイツ。

タイの旅行記事、もう一ついかがですか?

タイ・バンコクを旅行するときに必ず行きたいおすすめ観光スポット4選

王宮 ータイ・バンコクの名所!観光の目玉「ワット・プラケオ」と併せて行きたい。

王宮前広場〜地母神像ータイ・バンコクをのんびり散歩しながら名所を見物!

【タイ・バンコク名物!】ニューハーフショー「カリプソ・キャバレー」行ってきた!

The Coffee Club ータイ・バンコクの「高速WIFI」のカフェをご紹介!

ロイヤル ータイ・バンコクの良質ホテル!ちょっとだけ贅沢したい時におすすめ。

Hi-Sukhumvit ー1泊1000円強で泊まれるタイ・バンコク最強のドミトリー!

Universe Innータイ・バンコクの格安ホテル!個室でセキュリティーも良し。

Baan Khanitha at Fifty Threeーバンコクでタイ風カレーならここ!

トムヤム・クン ータイ名物「トムヤムクン」の名店。大きなエビが美味しかった。

サバイチャイ ータイ・バンコク名物「カイ・ヤーン」を美味しく食べた!

タイ・バンコクで有名な「20バーツラーメン」が安いのにうまくておすすめ!

Jin Chieng Seng by Inn A Dayータイ・バンコクで食べたい「家庭の味」を堪能!

アクアティーニ ー船着場近くの雰囲気よいレストラン!【タイ・バンコク】

伊藤家ータイ・バンコクの美味しい和食屋さん!格安で懐にも優しい。

COURT YARD RESTAURANTータイ・バンコクで人気の「カオサン通り」での朝食に!

 

スポンサーリンク

本を安く読みたい方へ

【Amazonプライム】Kindle1冊無料以外にも!会員登録したときのメリットを紹介するよ
Amazon Primeというサービスがあるんですけど、非常におすすめできるサービスなので紹介します。「Amazon Primeってぶっちゃけどうなん?」、「入った方がいいの?」と...
月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した件
驚愕。Kindle Unlimitedによって電子書籍読み放題!!!!▲強烈すぎる。早速登録して確認してみたのですが、なんとこのラインナップで月額980円。しかも初月タダという...

おすすめ本のまとめ記事が人気

【2018年版・随時更新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画を紹介するぞ
Amazonには本、漫画、雑誌などが読み放題になるKindle Unlimited。その蔵書数は非常に多く、「何から読めばいいの!?」と迷ってしまう方も多いですよね。そこで、当記...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
【買うなら今でしょ!】林修先生の全著書を読んだぼくが林先生のおすすめ本を5冊アツく紹介するよ。
「今でしょ!」で一世を風靡して、今なおテレビで活躍し続ける林修先生。ぼくは以前林先生の授業を受けていたこともあり、先生の著書は全て読んでます。そこで!当記事...

大学生におすすめの記事

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...