王宮 ータイ・バンコクの名所!観光の目玉「ワット・プラケオ」と併せて行きたい。

Bangkok

「王宮」は、タイ・バンコクの観光名所のひとつ。

ぜひ訪れたいと思ったので、行ってきました!

ここはアクセスもいいんですよ。というのも、ここはバンコクの観光名所の目玉「ワット・プラケオ」と接続しているからです。

(*関連:ワット・プラケオ ータイ・バンコク最大の名所!その規模にため息。

ワット・プラケオとセットで観光するのがオススメですね!早速行ってみよう!

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.53▲ワット・プラケオを出ると、すぐ見えるのが宮殿。

その名も「チャクリー・マハー・プラサート宮殿」。すげえ。でけえ。

この建造物はラーマ5世が作らせたもので、イタリア人の建築家が担当したのだとか。

なので、東洋と西洋の様式が融合した、なんとも迫力ある出来になっています。

スクリーンショット 2016-03-18 16.06.59

 

▲すごい、の一言。観光客も写真撮りまくっていますね。

スクリーンショット 2016-03-18 16.07.10

 

▲宮殿の中は、1階の武具と鉄砲の博物館のみ見ることが可能。

余談ですが、写真右の武器が関羽の「青龍偃月刀」に似ていてテンションがあがりましたwwww

うんちょおおおおおお!!!!www(三国志知らないかたすみません)

スクリーンショット 2016-03-18 16.07.05

▲閑話休題。宮殿を出て右手に、なにやらでかい建物があったぞ。

これは「アマリン・ウィニチャイ堂」と呼ばれ、国の大事な式典が行われている。残念ながら、中の撮影は禁止だ。

スクリーンショット 2016-03-18 16.07.15

 

▲王宮を横目に進み、門を出ると、そこには「ワット・プラケオ博物館」がある。

ここには、ワットプラケオの修理のときに不要になった部品などが置かれている。さらに、ワットプラケオ内で閲覧不可能な部分も、こちらで概要を確認できる!

というのも、ここにはワットプラケオの王室のミニチュアが置かれているからだ。

まとめ

ワットプラケオと連続しているので観光してみた。かなり迫力のある建物が多く、好きな人はハマってしまうかも。

個人的には王宮内の「武器」に興奮した笑 関羽っぽい武器もあったし、叉もあった。

実際にあれで戦いが行われていたのかと思うと笑 いってよかった。

目玉のワット・プラケオと併せてぜひみておきたいスポット!

王宮 観光情報

営業時間:8:30am-3:30pm

料金:500バーツ(約1500円)

アクセス:N9ター・チャーン船着場から徒歩3分

注意点:NGな服装→ノースリーブ、タンクトップ、短パン、半ズボン、キュロットスカート、ミニスカート、タイツ。

タイの旅行記事、もう一ついかがですか?

タイ・バンコクを旅行するときに必ず行きたいおすすめ観光スポット4選

ワット・プラケオ ータイ・バンコク最大の名所!その規模にため息。

王宮前広場〜地母神像ータイ・バンコクをのんびり散歩しながら名所を見物!

【タイ・バンコク名物!】ニューハーフショー「カリプソ・キャバレー」行ってきた!

The Coffee Club ータイ・バンコクの「高速WIFI」のカフェをご紹介!

ロイヤル ータイ・バンコクの良質ホテル!ちょっとだけ贅沢したい時におすすめ。

Hi-Sukhumvit ー1泊1000円強で泊まれるタイ・バンコク最強のドミトリー!

Universe Innータイ・バンコクの格安ホテル!個室でセキュリティーも良し。

Baan Khanitha at Fifty Threeーバンコクでタイ風カレーならここ!

トムヤム・クン ータイ名物「トムヤムクン」の名店。大きなエビが美味しかった。

サバイチャイ ータイ・バンコク名物「カイ・ヤーン」を美味しく食べた!

タイ・バンコクで有名な「20バーツラーメン」が安いのにうまくておすすめ!

Jin Chieng Seng by Inn A Dayータイ・バンコクで食べたい「家庭の味」を堪能!

アクアティーニ ー船着場近くの雰囲気よいレストラン!【タイ・バンコク】

伊藤家ータイ・バンコクの美味しい和食屋さん!格安で懐にも優しい。

COURT YARD RESTAURANTータイ・バンコクで人気の「カオサン通り」での朝食に!

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com