銀のアンカー by三田 紀房 ー就活生は必読!就活に勝つ方法が満載!

三田紀房さんの

『銀のアンカー』

が面白すぎた。

かつてアメリカ経済界で「草刈機」と呼ばれた元カリスマヘッドハンター・白川義彦。日本に帰ってきた彼は、突然就職セミナーに現れ、講師が語る”キャリアアップ”という言葉の怪しさを論破する! 白川の論調に感銘を受け、彼を訪ねた大学3年生の田中雄一郎と北沢千夏。軽い気持ちで就活を考えていることを見抜いた白川が、2人に授けた就活指南とは!? 前代未聞の内定請負漫画、ここに開幕!ーamazon 内容紹介より

このマンガ、全部で8巻あるんですけど、速攻読み終えてしまいました。

三田紀房さんといえば『ドラゴン桜』で有名ですが、「就活」に焦点を絞った今作も本当にすごい。

 

 

白川というビジネスの天才に、迷える就活生たちが教えを乞いガンガン成長していく様を描いた作品。

いまは「起業」とか、「自己実現」とかいう言葉が流行って久しいですよね。

実際にそういうことをして、楽しく生きているひとはいます。

 

 

しかし、現実的に見て、それが自分にとってベストかどうかはわからない。

起業の向き不向き、就職の方向性、大手志向orベンチャー志向など、あらゆることが存分に書いてあります。

 

 

ぼくは大学2年生ですが、めちゃくちゃ奮い立ってしまいました。

自分がどんな人生を歩むのがベストか。

 

 

夢があるのはいいとして、現実的にはどう生きていくのか。

 

 

そういうイタいところを真剣に考えさせてくれる作品となっていました。

就活を備えた大学生は本当に必読。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...