【初心者用】インターネットを使った効率良いキーボードの練習方法

最近キーボードを練習しています。

バンドの演奏日が近いんですよね〜。

 

 

バンド演奏でキーボードを練習するのは2回目なのですが、前回よりも

「効率良い練習方法」

がわかってきました。

 

 

これからキーボードを練習したい!と思っている方にオススメです。

①Youtubeで原曲を探す。

まずはYoutubeで音源を取るのが一番早いと思っています。CDを借りたりしたこともあったのですが、動画で観る方が効率いいですね。

ネットがあれば一瞬でカタがつく問題ですので・・・。

 

 

以前は「本格的にやるならCD!!」とか思っちゃったりしてましたが、今は全くそんなこと思いません笑

CDを借りたりするのは、Youtubeなどの動画サイトを探し尽くしてどーーしてもなかったときにしましょう。

 

 

②コードを調べる。

次に、キーボードのコードを調べましょう。

Google検索で「◯◯(曲名) コード ピアノ」と検索すればOKです。

 

 

現代はめちゃくちゃ便利で、これでほぼ全ての曲のコードが出てきます。

③コードを読解する。

コードを調べると、例えば「 C」とか、「Em」とかが出てきます。

ある程度慣れれば文字を見てすぐ音で再現できるのでしょうが、初心者のうちは無理です。

 

 

なので、コードを調べた後、「コードの読解」をしましょう。

オススメは

Piano Chord Clip

です。

スクリーンショット 2016-03-30 3.15.16

(引用:http://piano-c.com/)

このサイトを使えばコード文字をみて、「鍵盤のどこを押せばいいか」が写真付きで理解できます。

スクリーンショット 2016-03-30 3.19.46

(引用:http://piano-c.com/pianoChord_CMa.html)

「C」はこんな感じですね。

これを見れば初心者でも容易く理解できます。

 

④音源を聴きながら、ひたすら繰り返す。

①で手に入れた音源を聴きながら、ひたすら繰り返しましょう。

まずは流して全体を掴んで、できなかったところのみ個別練習する感じでOK。

 

 

個別練習は正直つまらないですが、そこを越えて、通し練習で出来るようになったときはとっても嬉しいですね。

終わりに

ここで紹介したのは完全に「初心者」の練習方法。

もっと具体的な技とか、そういう部分は人に習う方がベターですね。

昔は弾けるようになるためには教室に通うのが当たり前でしたが、現代では

「基礎固め」

の部分は自分でできるなぁ、と感じました。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...