痴人の愛 by谷崎潤一郎 ー激しく燃え上がる、ドM文学の最高峰!!

ドM文学の最高峰、『痴人の愛』を読みました。作者は文豪・谷崎潤一郎。

この本は面白すぎて、約380Pを2日で読んでしまいました。

さっそく見ていきましょう。

①主人公、15の小娘を「立派なレディに育てよう」と決意。

ある日、主人公の「譲治」という男がカフェで見た美女・ナオミを「自分の好みの女性」に育てようと決意。

彼女を引き取り、共に生活を始めます。この時点でぶっとんでいます笑

譲治の思う「自分好み」は、「知的かつ美しいビジュアル」でした。

彼女が思い通りに成長するよう、譲治は手塩にかけてナオミの育成に励みます。

英語やダンスなど、社会的に認められるような習い事をさせました。

しかし、だんだんと「品の良さ」が生まれた環境に左右されるという現実を目の当たりにし、彼女に幻滅していきます。

さらに、彼女は英語ができませんでした。発音だけは完璧なんですけど、どうも翻訳ができない。

上っ面だけなぞる形で、彼女は真に「賢い」女性にはなれませんでした。

譲治はナオミに失望します。

だが、しかし。

②賢くはならなかったが、「魅惑的な」女性に育った。

彼女はどうやら頭が悪い。そう感じた譲治は落ち込みますが、それとは別の、「肉体」に関しては素晴らしい成長を見せます。

それは、彼の想像をはるかにこえていきました。

そうして二人は初めて、関係を持つ。譲治は彼女が「自分だけのもの」だと信じて疑いませんでした。

ところが。

③彼女は潔白じゃなく、実は・・・・。

彼女は、かなりの「ヤリ手」でした。譲治に養ってもらっていたものの、裏でのお遊びの具合は凄まじかったのです。

譲治とも交友関係にあった男性とも関係を持っており、それを知った譲治はガク然。

とはいえ発覚当初は、彼女を失いたくもないので「謝ったら許してあげる」と言いました。

彼女は素直に謝り、その場は丸く収まります。

彼とて、彼女に夢中なのです。

しかし、彼女のクセは治りませんでした。

ついに、その交友人数が数人ではなく、もっと多いことが発覚。

譲治はついに怒り狂い、「出て行け!」とナオミに命令します。

しかし、ナオミが出て行ってしまうと、途端に彼女のことが恋しくなったのでした。

「ナオミに、帰ってきてほしい。」

何かが、譲治の心をかきむしります。

以前は職場で「君子」と呼ばれていた仕事戦士も、仕事に手がつかず、とうとう辞めてしまいます。

④ナオミが帰還し、立場が逆転。

ある日、いても立ってもいられない彼の元に、ナオミがひょっこり帰ってきます。

しかし、その理由は「荷物を取りにきた」だけ、というではありませんか。

彼女はその理由で、何度も何度も譲治の家に上がり込みます。

もちろんこれは、譲治を誘惑する作戦でした。

ナオミは譲治の沸き立つ情欲をわかっていながら、「友達として付き合う」提案をします。

その後のやりとりがあまりに良いので引用します。

「じゃ、気の毒だと思って憐れんでやるから、友達になれと云う訳かね?」

「何もそう云う意味じゃないわ。譲治さんだって憐れまれたりしないように、シッカリしていればいいじゃないの」

「ところがそれが怪しいんだよ、今シッカリしている積りだが、お前と附き合うとだんだんグラツキ出すかも知れんよ」

「馬鹿ね、譲治さんは。ーそれじゃ友達になるのはいや?」

ああ、まあいやだね

「いやならあたし、誘惑するわよ。ー譲治さんの決心を蹈み躙って、滅茶苦茶にしてやるわよ」

ー本文より

おい、譲治しっかりしろ!!笑

この辺りで完全に立場が逆転しています。

彼女の「魅惑」が、立場の逆転を引き起こし、譲治はそれを理解しつつもその逆境を「楽しんでいる」ように感じられるのは、ぼくだけじゃないはず。

つまりはドM・・・笑

その後は「友達としてのキス」と題して息を吹きかけられたり、一切肌に触れないように毛をそらせたり、彼女の暴虐な部分が表に出ます。

しかし、譲治は一切反抗せず、従順に作業を行っていきます。

⑤ナオミの不倫を見逃す約束をし、再び夫婦へ。

男のプライドを全てかなぐり捨て、譲治はナオミの夫に戻ることを決意します。理由は云うまでもありません笑

ここにきて、二人の上下関係が決定的となります。

クライマックス付近のシーンを引用します。

「どう? あたしの恐ろしいことが分った?」

「分った、分り過ぎるほど分ったよ」

「じゃ、さっき云ったことは忘れないわね、何でも好きにさせてくれるわね。ー夫婦と云っても、堅ッ苦しい夫婦はイヤよ、でないとあたし、又逃げ出すわよ」

「これから又、『ナオミさん』に『譲治さん』で行くんだね」

「ときどきダンスに行かしてくれる?」

「うん」

「いろいろなお友達と附き合ってもいい? もう先のように文句を云わない?」

「うん」

ー本文より

最後、もはやシモベじゃないですか笑

こうして、二人は「不倫公認」の夫婦となるのでした。

そこには男のプライドも全て捨て、ひたすら女性に従順な譲治の姿がありました。

どんだけド変態やねん・・・。

まとめ

谷崎潤一郎は「マゾヒスト」のプロ。

徹底した「非モテ&マゾ」な人で、好みがわかれるでしょう。ぼくは好きですが。

この本はその「マゾ」な部分を存分に表現してくれている傑作です。

ちなみに他の本で、谷崎は

「サディストもマゾヒストに転換する可能性がある」

と述べていました。

なので、ある意味新しい自分を発見するチャンスかもしれません。

つまりどういうことかというと、人類必読の書なんです、笑

活字が苦手な人はマンガ版もオススメ。こちらはかなり読みやすい。

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com