何者 by朝井リョウ ー就活小説。「意識高い系」の実態を暴く。

朝井リョウさんの『何者』を読みました。

この小説は就活生の実態を描いた作品です。

主人公は、拓人という男子大学生。

彼は就活の真っ只中。

 

 

性格は冷静で、周りを常に観察しつつも本音を隠すタイプ。

例えば、あまり仲良くないカップルに対して、本音はいわないけどtwitterの裏アカウント(匿名で本音を言うのが目的)で悪く言ったりしていました。

 

 

かつての演劇仲間が就職の道を選ばずに月1で公演を続けているのを嘲笑し、2chの悪評をみては安心感を得ていました。

 

 

本音をぶちまけない彼は、心の中で「自分が誰よりも冷静にものをみれている」と自負していました。

 

 

しかし、一向に内定が出ない。計算が合わない。

自分より下だと思っている仲間が内定を決めていくなか、1つも企業からの内定がでない。

何者 @NANIMONO        1時間前
今年も、内定が出ない。理由がわからない。
とりあえず、明日の受験票を印刷しないと。ー本文より

周りの観察はちゃんとできている。人の欠点は、すぐにわかる。

 

 

そんな自負を抱いていた拓人は、実は

「人と違う俺」

を誰よりも自認していて、そこから得られる優越感から一歩も出られずにいるのでした。

 

 

しかし、ついにそんな彼の「本当に就職できない理由」が明らかになります。

その契機は、彼の就活仲間である理香という女性からの口撃でした・・・・

見所ポイント

様々なタイプの就活生が出てきます。

終身雇用の崩壊などを盲信し、就活自体をバカにするひと。

海外インターンや留学など、きらびやかな経歴で着飾ったひと。

昔好きだった人を追うために、その人が目指していた業界に就職しようとするひと。

そして主人公のように、口数少なく周りを冷静に観察して、実は周りを見下しているひと。

 

 

なんか自分にも当てはまる「イタイ」要素がたくさんでてきて、結構ショックを受けます。

自分の弱いところを突かれた感じがするので痛快。そこが見所ですね。

ぼくはインターンしてましたし、周りを観察して見下してるシーンも当てはまるし、本当にどうしようもない人間だなぁと思いました。

 

 

しかも、そういう自分を認識してるところがまた「エラい」とか思っちゃってるあたりがイタいですね。

 

 

もう一つ見所を挙げるとするならば、ラストシーンは死ぬほど面白いです。主人公が理香に散々disられるシーンですね。詳しくは本書に譲りますが、読んでて自分が批判されてる気分になりました……。

大学生の方は読んでて楽しめる!と確信もっていえますね!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...