映画『ヒトラー ~最期の12日間~』を観た。英雄も最期は老いてしまったな。

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」を観た!!またこれもいいね〜!!

アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書の回顧録を元に描いた戦争ドラマ。戦況が悪化する中、ヒトラーはある決意の下、愛人・エヴァとささやかな結婚式を挙げる。主演はブルーノ・ガンツ。“デリシャス★チョイス”。ー「キネマ旬報社」データベースより

この映画は、ヒトラーが自殺するまでの12日間を描いた作品。

あんなに演説でひとびとを魅了したヒトラーが、追い込まれたらもう、まるでダメ人間なってしまっている。

仲間がくれば形勢逆転できる!など夢物語を吐くヒトラー。

けれどもそんな彼に反抗ひとつせず従う将校たち。

やっぱ権威って大事だなーとか思う。

どんなことでさえ、「何を言うか」<「誰が言うか」という理不尽な不等式が成り立ってる。

すげー理不尽。

割り切れないなあ。

史実に基づいてるので、歴史好きにもオススメっす。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...