マンガ『俺はまだ本気出してないだけ』が切ない。けど「夢追い人」もカッコイイな。

このマンガも切なすぎて心にきますね。。

「俺はマンガ家になる」と、40歳で会社を辞め、夢を追いかける生活に入った男・大黒シズオ。父親からは顔を見るたびに説教され、幼なじみからは本気で心配され、17歳の娘に温かく見守られながら、マンガ執筆とバイトとサッカーゲームの日々。そんなある日、バイト先のハンバーガー屋にちょっとした問題児が入って… ーAmazon 内容紹介より

内容紹介の通り、このマンガはすごく切実で、世の中のほとんどに突き刺さる内容となってます。

今読み終えたんですがめっちゃ突き刺さってますね。

40歳で会社を辞めてマンガ家を目指したシズオ。

はたから見れば落ちこぼれのイカれた野郎です。

しかし、シズオは、人間の内奥に押し込まれた「自分らしく生きたい」という生き方を体現しているんですね。

これこそ、この作品が人に刺さる理由です。

「自分らしく」か「社会の要請通りに」のせめぎ合いの中で葛藤するのが普通。

そんな中、この作品は圧倒的に前者を選んでいます。ここですよね、いわゆる自己実現ってやつですね。

ぼくはこういう生き方、すごくカッコいいと思う。なぜなら自分が圧倒的にできないから。

多分読んでいる人のほとんどが、シズオのような「夢追い人」にはなれないのではないでしょうか?

この主人公はしかも、「まったく経験のない職業」に転職したわけですからねぇ。

凄すぎますね、はい。

まぁマンガの世界なんでここまで思い入れるのもアレですが、いろいろ考えさせてくれる作品ですよ。

あ、そうそう、このマンガは映画にもなってるんですよね。堤真一さんが主演で、こちらもいい作品でした。なんでこんな刺さるんだろう・・・。

多分誰もが悩むトコロをズバッとついてるとこなんでしょうね。

真面目に生きてるけど、ぶっちゃけアウトローな生き方に憧れてる人って多いと思うんです。ぼくも大学中退してる人とかに割と憧れてますし。

逆にアウトローの人たちも「フツーになりたい」と思ってるのかも。

そういう誰しも持つ葛藤がテーマになってるのが刺さるポイントですな。

本当にオススメ。いい作品に出会ったなぁ。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...