古屋兎丸さんのマンガ『人間失格』が面白い。原著の現代版でわかりやすい。

マンガ『人間失格』を知っているか。

太宰治の希代の問題作「人間失格」を、現代社会を舞台に変え、完全コミック化! 「恥の多い生涯を送ってきました」――ネット上に見つけた大庭葉蔵の独白が赤裸々に綴られたページ。掲示されていた3枚の写真は、葉蔵の転落の人生の軌跡を描いていた。読み進めるほどに堕ち、崩壊していく葉蔵の人生。彼は何を恐れ、逃げていたのか。鬼才×鬼才、100年に一度の出会いが生み出した究極にして最強のコラボレート作! ここに登場!!ーAmazon 内容紹介より

太宰治の代表作『人間失格』をモチーフにして作られた本作。

原著も面白いんですが、このマンガもマジでおもろい。

グイグイ作者の世界へ引っ張り込まれ、気づいたら完結、そんな感じ。

現代にフォーカスしてるんで、古典系苦手な人でもサクサク読めるかと。

太宰は好き嫌いありますから、太宰嫌いな人はこれもしんどいかな。

共通してるのは圧倒的な人間不信。

自分嫌い。人嫌い。自己否定感。嘲笑、自己愛。

「ザ・ダメ人間」の主人公の絶望ストーリーは見ててウツになる。

でも、このウツがいいんだよね。

悪の部分って誰でも持ってて、あまり人には言いたくない。

そんな秘めたる思いを作品中でズバッと表現してくれると、繋がりができた感覚に陥る。

原作もそうだし、今作もそう。

決して楽しい作品じゃないけど、ある人にとっては救いになるかもしれない。

 

スポンサーリンク

就活関連の記事

内定が出ない就活生は即「Meets Company」に行って無い内定卒業してきなよ。
(引用:https://www.meetscompany.jp/)どうも、就活を終えたKです!・これから就活するけどうまくいくか不安...・就活中だけど中々内定が出ない...・どうすれば内定がで...
【就活】外資コンサルに受かったぼくが自己分析のやり方を徹底解説するよ
今の日本の就活で、最初の関門となるのが「自己分析」。なんか哲学チックな響き。難しそう。しかも、巷には自己分析に関する情報が溢れかえっていて、どうやればいいか...
新卒は絶対にベンチャ-ではなく大手に行くべき理由
ぼくは10ヶ月の間、ガチで就職活動を行っていました。約40社エントリ-しましたし、OB訪問含めて社会人の方には30人以上お会いしたと思います。その過程で1つ、確信した...

就活生・大学生向けの書評も人気

【厳選】就活で役に立ったおすすめ本を5冊ガチで紹介するよ
就活してると、本が読みたくなりますよね。世の中には無数の就活本が溢れています。「絶対内定!」「面接完全攻略!」なんて書かれてたら、就活で不安な大学生が手を伸...
大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...

ABOUTこの記事をかいた人

就活で勝つノウハウを書く外コン内定者。 約1年ガチで就活して、某外資系コンサルティング会社に内定しました。 数十社以上落ちまくり、常に受かる方法を模索し続けての内定。才能がない人でも内定が取れる情報を提供しています。 ご依頼は下記メ-ルアドレスから。 dromasuter@gmail.com