イケダハヤトさんの『「凡人」を脱するための10の考え方。』 はサクサク学べる!

プロブロガー・イケダハヤトさんの『「凡人」を脱するための10の考え方。』、めっちゃ読みやすい!

非凡な実績を持つイケダハヤトが、凡人のみなさまに語りかける、という上から目線のコンテンツでございます。ーAmazon 内容紹介より

自費出版ならではの「イケダさんテイスト」で書かれてます。

でもそのテイストが、非常に気に入ってるんですよね。

例えば、10の考え方のうち、1つの項目はすごく量が少ないんですよ。

質が悪いわけじゃなく、ギュッと詰まってる感じですね。

いいんですよ、これが。

もう、多くの人が「長いテキスト」に見向きもしないんですよ。

イケダさんはプロブロガーで、その辺かなり敏感。

そういうニーズを汲み取って本に反映させてるんでしょうね。

10個の考え方はそれぞれこんな感じ。

1. 「論理的であること」の限界を知っている。

→論理は後付け!

2. 本音で生きている。

→無駄がなくなって早い!

3. 時間の無駄に敏感である。

→時は金なり。

4. 自分のやっていることは「遊び」だと思っている。

→仕事と遊びの境目がない。

5. 将来のことを考えない。

→今を頑張ってる。

6. お金の不安に囚われていない。

→俺ならできる、という自信がある。

7. 無理をしない。

→長期的なパフォーマンスを考えると、無理は禁物!

8. 尊敬をテコにする。

→「尊敬」によって周りを感化させる!

9. 「自分」に囚われない。

→自分は世界の一部。まるで自我がない。

10. 変化 を 楽しむ。

→新しいことに飛び込むのは快楽!

 

 

・・・とまぁこんな感じ。

本当読みやすくておすすめ。紙の本は厚さも重要ですから、このギュッと詰まったコンテンツの勝負場所を「電子書籍」にしたところもいいですね!!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...