名古屋はええよ! ひつまぶしの名店「しら河」がうまかった。

eel

名古屋では短期滞在なので結構グルメを食しています。

東京では野菜と納豆とコーヒー以外ほとんど何も食べていないのですが、名古屋に来てこの変わりよう。

なんでかというと、やはり名古屋の食べ物って美味しいんですよ。

ちょっと濃い目の味付けが好きな人は名古屋飯は合うと思いますね!

さて、本日は名古屋でも一際美味しく食べられる「ひつまぶし」の名店を紹介します。

お店の名前は

「しら河」

です。

このお店は、名古屋のひつまぶし店の二大巨頭の一つです。ちなみにもう一つは「蓬莱軒」というお店で、この「しら河」より若干値が張ります。

ひつまぶしの特徴としては、「蓬莱軒」はふわふわ食感、「しら河」はカリカリ食感と言われており、好みがわかれます。

さっそくいってみましょう。

eel新しくできたセットメニューを注文しました。ノーマルのひつまぶしに肝吸い、卵焼き、胡麻豆腐が付いてきます。

セットメニューはしら河の多様な味を堪能したい方にはおすすめです。

「ひつまぶし以外に興味はねえ!」という人にはおすすめしませんが、このお店はひつまぶし以外の味も抜群なんですよ。うなぎを巻いた卵焼きは柔らかく甘いというダブルパンチで、肝吸いの苦味は渋くてこれまた美味しいのです。

少なくともぼくはこういったお店に頻繁に行ける人間ではないので、より多くの味、食感を楽しめるセットメニューにしました。
eelうなぎはこんな感じ。若干の焦げ目がカリカリしているので、お焦げが好きな人ははまるかもしれませんね。

食べ方としては、まずノーマルの状態で食べ、徐々に薬味をつけて食べていきます。

ぼくはノーマル→ねぎ→のり→ねぎ→わさび+お茶漬けの順番で食べました。eel

ねぎを入れると甘さが抑えられ、

eelわさび茶漬けにするとテイストがわさび風味に変わります。

ひつまぶしは普通の蒲焼と違い、薬味のおかげでうなぎの多様な味を楽しめるところが良いですね。

逆に「うなぎそのものの味が好きなんだ!」というこだわりのある人には蒲焼の方が合うかもしれません。

終わりに

前も何度か来たことがあるのですが、今回も大満足。

前回の記事にも書きましたが、こういうお店に自分の足で来られるようになりたいものですね。

本場のうなぎを食べたい方は、ぜひ一度訪れてみてください!詳しくは「しら河 栄ガスビル店」のHPをご覧くださいませ!

 

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...