名古屋はええよ! 味噌カツの名店「矢場とん」

nagoya

名古屋飯第3弾として紹介するのは

「矢場とん」です。実はぼくは名古屋市民にも関わらず、このお店を知りませんでしたw  名前もw

最近名古屋に越して来た方に「矢場とん」のことを言われて初めて知りました。

矢場とんは味噌カツの有名店です。愛知県にはいくつかお店があるのですが、今日はその中でも

「名古屋ルーセント店」

を紹介します。

場所は名古屋ルーセントタワー。JR名古屋駅を東に出て、そこから向かって左に5分ほど歩くとあります。左に曲がるだけです。横断歩道を渡らないようにしましょう。

nagoya黒と青のコントラストが落ち着いた雰囲気を出してます。

矢場とんは地下1階にあるので早速移動。

ところで、なんで「ルーセントタワー店」を紹介しているかというと、このタワーの地下一階には、味噌カツ以外の名古屋の名店が揃っているからです。

nagoya4つの名店が同じ空間にあります。友達同士で行って、違う名物を食すのもアリですね。

nagoya

 

矢場とんの看板が出ているのはもちろんですが・・・

nagoya名古屋コーチンの名店「鳥開」もあります。味噌カツに比べて若干安め。1000円を切るメニューが多いですね。

nagoyaうなぎの名店「うな匠」もあります。

nagoyaきしめんの名店「かね勘」もあります。こちらもリーズナブルなお値段です。安いものであれば600円代で食べることができます。

さて、早速「矢場とん」に行って注文してみました。

nagoya味噌とソースのハーフを頼みました。量おおいw

nagoyaソースはこんな感じ。肉は柔らかめで、口の中に残らず自然に食べることができます。

食に関してみなさんこだわりがあるかと思いますが、ぼくは「食感」を結構気にします。みなさんの中にもそういう方がいらっしゃるかと思います。

特に肉類に関して言えば、「口に残らない」ものが好きです。

なのでこの矢場とんのカツは非常に好き。

もちろんジューシーで美味しかったのはいうまでもありませんよ。

nagoya味噌カツはこんな感じ。ソース味は割と全体的にソースがかかっていて、若干ふやけていますが、こちらはソース味よりも、トンカツ本来の「カリカリ感」が味わえます。

中心は味噌とカツが絡まっていて食べやすい。

ぼくはパサパサ系よりもしっとり系の方が好きなので、ソースカツが合ってますね。次回からソースの方を頼みます。まあそうなると名古屋名物なのか疑問になってくるんですがw

終わりに

「矢場とん ルーセントタワー店」、おすすめです。味、食感ともに申し分ありません。

トンカツにさして興味のない人でも、ルーセントタワーに行けば他の名物料理も食べることができます。選択肢が多いという点でもこの場所はおすすめできます。

名古屋に来た時はぜひ一度訪れてみてください!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...