落合陽一さんの『これからの世界をつくる仲間たちへ』が刺激的で必見の内容!

「現代の魔法使い」と評される落合陽一さんの『これからの世界をつくる仲間たちへ』、刺激的っす。

人呼んで「現代の魔法使い」。世界が注目する異能の研究者が語る「すべてが変わる近未来」―「ほんとうの21世紀」がやってきた今こそ、知っておくべきことがある。ー「BOOK」データベースより

異色だからこそ、新しいことがめっちゃ書いてあって刺激が強い。

さっそく紹介していこう。

ざっくりいうとこんな話。

この本は、若くして社会を変えるといわれている落合さんの視点から、AIの脅威やテクノロジーとの付き合い方、今後ヒトが取るべき行動などを語った異色の書。

新しい内容てんこ盛りで、さっきも言ったけどめっちゃ刺激が強い。

特に「コンピュータの能力が、人間を超える」という指摘はゾクっとする。

最近ついにコンピュータは「自分で学ぶ能力」を手に入れ、おかげで強烈なスピードで進化してゆく。

そしてそのスピードは人間のそれをはるかに凌駕するのだ。

その過程で、AI(人工知能)が人間を超える瞬間のことを「シンギュラリティ(技術的特異点)」という。

そのような確実に来るであろうフェーズにおいて、人間が取るべき行動はいかなるものなのか。それは本書に譲ろう。

みどころ

この本のみどころは「来るべき恐ろしい未来の預言」が書かれているところ。

とにかく見方が未来的で刺激が強いっす!!!

そしてその上で、「人間が取るべき行動」もかかれているところだ。

専門家による未来預言書。

タイトル通り「これからの世界を作る人々」は必見だ!!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...