高級ホステスの方が書いた『一生モノのモテ理論』がヤバ面白い。モテたい人は必読っすね!

これはヤバイwww

5%の精鋭、「テッパン男」とは?
「モテる男」と「いい人」を隔てる境界線は、何気ない言葉や仕草に内包された「ある要素」にある?
アレンジ不要! コレだけやっとけ!
ビジネスと女性を一石二鳥でモノにする、超実践的指南書。
男なら読んどけ! ーAmazon 内容紹介より

あまりこういう本は読まないんですけど、この本はチョーーー面白かったです。

著者の檀れみさんは銀座でホステスをしていた方。

そんな経験を持つ檀さんの視点からは、普段の生活では気づかないところがたくさん指摘されてました。

個人的に、めっちゃ刺さりましたwwwww生きててすみませんwwwww

ちょっとだけ内容紹介しましょう。

ざっくりいうとこんな話

この本は、「まじでモテたい人のためのハードな本」です。

本書は、巷にあふれるいわゆる「モテ本」を「きれいごとが書かれている」と喝破しています。

その上で、この本を「他の本とは違うハードな本」と位置付けていますね。

引用した方が早そうなので、ちょっと引用。

・この本は、かなりハードな内容となっています。巷に氾濫しているモテ本の欠点ーーキレイごとが書かれ勘違いが起こる、まだるっこしいからせっかくの読者の実践意欲がそがれしまうーー等を徹底的に排除したため、ハッキリ言ってスパルタです。よって、異性においてもビジネスにおいても、本気でモテるようになりたい方だけ、お読みください。ー<本書を読むにあたっての注意事項>より引用

確かに読んだ感想は、かなり厳しい内容となってましたね。

ここが見どころ

めっちゃあるんですけど、一番は「学べる上に超具体的で超実践的」なとこっすね。

本書は全5章から成っていて、どれもこれも筆者の方の実際の経験に即して書かれているので、死ぬほど説得力があります。

それと、ど下ネタ満載なとこも最高です。

ここで書けないのがもどかしすぎるぜ!!!

終わりに

ああ、超おもしろかった。

理論系の本って、具体例が少ないからイマイチピンと来ない本が多いんですが、この本は違いました。

そうそう、本当にそう思ってしまいますね!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...