愛知の名物喫茶が結構よかった。ーコメダ珈琲店ー

coffee

コメダコーヒーっていう喫茶店が名古屋にたくさんあるんですけど、これは愛知県発症のお店みたいです。知らんかったw

今日は久々にそのお店に行ってきました。

コメダ珈琲店は1968年に名古屋市西区で第一号店がスタートし、今や600店舗以上の一大チェーン店になっています。

ちなみに名古屋では頻繁にこのお店を見つけることができます。

今回、友人と「コメダ珈琲行きたいね」と話していたら目の前に見えましたw

それくらい名古屋には多い。
coffee

coffee店内はこんな感じ。雑誌はもちろん無料で自由に読むことができます。

今日接客をしてくれた方は二人いたのですが、お二人とも外国人で、日本語が聞き取りやすかったのを覚えています。

しばらくだべっていると、まずは味噌カツサンドが到着。coffeecoffee

でけえよwwwww

お値段は780円ですが、お値段以上のボリュームにびっくりしてしまいました。

たまに飛び抜けたことを平気でやるのが名古屋流。さすがです。

coffee味噌とカツはやっぱり合う。この濃さがたまらぬ。この豚肉の下部にあるのってなんなんでしょうね。まさか一律で脂肪というわけではあるまい。ゼラチンか何かかな。

結構大食漢で、かつ濃いもの大好きなぼくでも、全て食べきるとお腹一杯になってしまいました。

かなり濃くてボリュームも凄まじいので、あまり食べない人や、薄味を好む人は頼まない方が無難かもしれません。

あるいは友人と分けるのがよいでしょうね。

さて、もう一つ名物があると友人に勧められたので、思い切って頼んでしまいました。

coffee友人に教えられて初めて知った、「シロノワール」です。お値段は大きいもので590円。

coffee一番下にあるのはデニッシュパンで、その上にソフトクリームが丸ごと一つ乗っています。ボリュームやばし。ワンポイントのさくらんぼが見た目にいい影響を与えてます。

coffeeシロップもついてくるので、お好みでかけましょう。

このシロノワールの名前は、ソフトクリームの「シロ」と黒っぽいデニッシュの「ノワール(フランス語で「黒い」を意味する)」を掛け合わせたものです。

更にソフトクリームの「冷」とデニッシュの「温」というもう一つの独創的な対比も存在しています。

これも初めのうちはよいのですが、量がかなり多いので、友達とわけて食べるなど一工夫した方がよさそうw

みなさんも興味があればぜひ一度いってみてくださいね!

スポンサーリンク

本を安く読みたい方へ

【Amazonプライム】Kindle1冊無料以外にも!会員登録したときのメリットを紹介するよ
Amazon Primeというサービスがあるんですけど、非常におすすめできるサービスなので紹介します。「Amazon Primeってぶっちゃけどうなん?」、「入った方がいいの?」と...
月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した件
驚愕。Kindle Unlimitedによって電子書籍読み放題!!!!▲強烈すぎる。早速登録して確認してみたのですが、なんとこのラインナップで月額980円。しかも初月タダという...

おすすめ本のまとめ記事が人気

【2018年版・随時更新】Kindle Unlimitedで読めるおすすめ漫画を紹介するぞ
Amazonには本、漫画、雑誌などが読み放題になるKindle Unlimited。その蔵書数は非常に多く、「何から読めばいいの!?」と迷ってしまう方も多いですよね。そこで、当記...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
【買うなら今でしょ!】林修先生の全著書を読んだぼくが林先生のおすすめ本を5冊アツく紹介するよ。
「今でしょ!」で一世を風靡して、今なおテレビで活躍し続ける林修先生。ぼくは以前林先生の授業を受けていたこともあり、先生の著書は全て読んでます。そこで!当記事...

大学生におすすめの記事

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...