「壱角家 日吉店」の「ザ・家系」ラーメンがうまい。豆板醤を混ぜるのもおすすめ。

ramen

日吉の「壱角家 日吉店」に行ってきた。

久々の「ザ・家系」といった感じだったぞ。

早速サクッと紹介しよう。場所は神奈川県の日吉。

改札をでて左に行った日吉商店街(通称ヒヨウラ)の中央通りに位置している。

ramen▲外観はかなり派手。他のお店に比べ若干浮いている気が・・・・笑

ramen▲雰囲気がお祭りっぽい。わっしょいだぜ。

ramen▲食券機で注文してから座る。ボタン式ではなく機械をぽちぽちやって注文するパターンのやつ。

ラーメンが食いたかったから「横浜家系ラーメンページへ」をタッチ。

ramen▲この見た目が全部うまそうだからいけないんすよねえ。めっちゃマズそうな画像も混ぜてくれりゃ迷うこともないのに。

金銭的な制約もあったのでここは「ラーメン(650円)」をチョイス。

ramen▲ラーメンの硬さ、味の濃さ、油の多さが選べる。

筆者は全くこだわりがないので「全部普通」で注文。

ramen▲内観キレイやな。

ramen ramen▲オプションも家系っぼいなー。個人的に予定がない前日であればニンニクをドバドバいれる。この前ニンニク入れまくってラーメン食った後に本屋さん行ったら店員さんが超不快な顔していた。まじごめんなさい(ー ー;)

ramen▲水はセルフ。

そういえばここで接客してくれる店員さんは外人さんが多い。外人さんの接客最近増えたなーと感じる。

作ってる様子がその場で見られる感じが好きですねえo(`ω´ )o

ここはラーメンよりつけ麺の方ができるのがはやいらしく、後からつけ麺注文したお客さんに抜かれてしまいました。こういう小さなところを気にするあたりがスモールウツワパーソンw

っと調子に乗ってるとやってきましたぞ!

ramen▲おお。ザ・家系や。太い麺にチャーシュー、うずら、青菜(ほうれんそう?)、こってり油。どれを取っても美味しい家系のソレだ。

ramen▲どどん。

ramen▲ちなみにご飯は無料。日吉はご飯無料の店がめっちゃ多い。ここも例にもれず。

ramen▲あーーこってり。文句なし。家系好きなひとはほぼ確実に気に入ると思うo(`ω´ )o

ramenramen ramen▲どどどん。

ramen▲どん。

ramen▲どん。ちょっとご飯がパサパサしてる。気になるレベルではないな。

ramen▲豆板醤とニンニクをしょうしょう。

個人的に家系のおすすめの食べかたは「そのままスープ飲む→豆板醤いれる→その他調味料いれる」の順。家系って、なんかそのままだと若干物足りないんだよね(ー ー;)

ramen▲ふりかけもおすすめ。スープと良く合う。

ramen▲完食。あっという間だったで。

まとめ

というわけで、久々?の食レポでしたo(`ω´ )o

日吉の中でも家系のど真ん中をいくこのお店のラーメン、美味しかった!!!!

日吉のラーメンは他にもいくつか行ってるから、気になるひとはチェックしてみてね!

壱角家 日吉店 お店情報

関連ランキング:ラーメン | 日吉駅 

日吉のラーメン記事、もうひとついかが?

【慶應生必見!】ラーメン激戦区「日吉」のランチで行きたいおすすめラーメン店6選

日吉で異彩を放つ「つけめん あびすけ 日吉店」のつけ麺「焼き」が美味い!!

神奈川・日吉で一番人気がある「武蔵家 日吉店」はやはり安定の美味しさ。

神奈川・日吉にある行列のできるラーメン屋「ラーメンどん」にようやく行ってきたぜ!

がッとんー日吉の個人的No.1ラーメン屋!割れんばかりの店員の活気がすごい!

日吉の柴田商店というラーメン屋が本格的でまた来たいと思った。

麺場 ハマトラ 日吉店 ー日吉の「黒いラーメン」がさっぱりしてて美味い!

銀家 日吉店 ー有名な「日吉商店街」の有名ラーメン店。にんにくが合う!

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...