心理学の研究者・加藤諦三さんの作品群がすごい!「悩める人」にカツを入れてくれて心がすっきり。

book

心理学の研究者・加藤諦三さんの作品にどハマりしました。

ここ2日間、氏の著作を読んでたら日が暮れちゃいました。それくらい刺さった。刺さりすぎる!!!

この2日間に読んだ加藤さんの作品をちょっと紹介。

40年以上「テレフォン人生相談」(ニッポン放送系列)に出演し、パーソナリティを務めてきた著者が確信したことは「多くの人はじつは解決したいと思っておらず、悩みに依存している」こと。なかには解決方法をいうと怒り出す人すらいる。「怒りの感情を表す場」である悩みを奪われては困るのだ。本書では、悩みの本質を紐解き、どうしたら心の平穏を得られるのか、心理学を駆使して解説する。ー「BOOK」データベースより

「悩みを解決したい!」と思う人は多いと思います。ってか当たり前ですよね。しかし、加藤氏はその「悩み」の発生理由を、「悩みたいから悩んでいる」と喝破。

実は悩みは解決するためではなく、「悩んでいる楽な状態にいたいから」なのです。この主張は有名どころで言えばアドラーなど多くの著作群でみられますが、ここでは「悩める人」の深層心理を深くまで探求し、わかりやすく表現されてます。

「普段から何かしら悩みを抱えている」という人におすすめの良書でした。何度でも読み返したい!

「こういう自分であるべき」という思いこみの自分に、あなたは苦しんでいませんか。今とはまったく逆の自分が“本当のあなた”だとしたら…。ちょっと角度を変えてみれば、“今の自分”がずっと好きになる!ー「BOOK」データベースより

「自分が嫌い」な人は、少なからず存在する。さらに、その「自分嫌い」の自覚さえしてない人もいる。

素のままの自分を出せない人は、そのうち人からも嫌われてしまう。無駄な理想やプライドなんてゴミ箱にかなぐりすてて裸でトーキングアバウト!!

なんとなく人付き合いが苦手なひとや、自己嫌悪に陥りがちなひとには救いとなる本!!

誰にでもある「心の弱さ」をもっと出しても大丈夫。今よりずっと「自分の魅力」に気づく本。ー「BOOK」データベースより

 

劣等感や被害妄想が激しいひとは、自分の長所に自信が持てず、弱みを隠すことに躍起になる。虚勢をはる。

しかし、他人にとっちゃあ人の弱点なんざどーでもいい。弱点を隠すよりも長所を伸ばそう!!

ちなみにお試し版はkindleでタダでダウンロード可能。

終わりに

今日紹介した3冊。実はKindle Unlimitedに登録すりゃあタダで読めるでごわすよε-(´∀`; )

「なんじゃそりゃあ!!」って方は下記リンク参考にしてみてくだされい。

(*関連:月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が完全に業界を潰しにかかっていて狂喜乱舞した

読んでいただきありがとうございます!もう1記事いかがですか?

斎藤孝さんの『「対面力」をつけろ!』がおすすめ!対人関係のアドバイスが具体的すぎてすぐ実践できる。

集中力が足りない!という方には書籍『短時間で「完全集中」するメソッド』がおすすめ!

最強に読みやすくておもしろい古典、マーク・トウェインの『人間とは何か』 が超絶おすすめ。

お金のプロが教える『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...