自分にとって本当に必要なものとは!?そんな本質志向の方に捧ぐ最強の本『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』

book

自分の人生で本当に大切なことは何だろう。

一度の人生、後悔したくない!!

そんな意見を、よく聞きます。そんな、いわゆる「本質志向」なあなたに超絶おすすめの本があります。それは、四隅大輔さんが書かれた『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』です。

この本は、音楽プロデューサーとして活躍していた四隅大輔さんによって書かれた本です。四隅さんは自分が心の底からニュージーランドが好きだということに気づき、長期計画を立てて移住の夢を果たしました。

ひとは誰かと時を過ごし、笑い、泣き、人生を全うしていきます。

しかし、それは表面上の綺麗な部分だけを見ただけで、実際には自分の本当に好きなこと、大切にしたいことを見失っているかもしれません。

じゃあ、どうやってそれを見つけ、実行に移すのか!?

この本質的な問いに、ちょっぴり怖いけどドキドキワクワクする人には、この本はマジでおすすめです。自己啓発を500冊以上読んできたぼくがいうんだから間違いありません笑

ぼくはもう啓発本をあまり読まなくなってしまったんですが、この本は例外で、あらゆる時に読み返しては、その度に新たな知見を得てニヤニヤしています。

個人的に『嫌われる勇気』という啓発本も大好きなのですが、それと対をなしてこの本が好きなのです。

昨日日吉の天一書房という本屋に行ったのですが、そこでこの本が10万部突破!と書いてありました。

個人的には「え、たった10万!?」と思った次第です。ここまで自己啓発本に感情移入することも少ないですよ。

内容にちょっと触れると、「人脈を捨てる」、「会社への忠誠心を捨てる」、「”逃げない覚悟”を捨てる」など、気になる見出しばかり。これだけみると、普通の啓発本と大差はない感じはするけれど、四隅さんの文章にとにかく引き込まれて、つい夢中で読んでしまうんです。

きっと本気で書いたんだ、そんな筆者の思いがビシバシ伝わってくる傑作です。

この本は好きすぎて、過去にもレビューを書いています。

(*関連:四角大輔さん著『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』。おもしろい・・。

2016年上半期のランキングにも堂々トップでランクイン!!!

(*関連:【本 ランキング】2016年上半期に読んだ中で一番面白い本トップ8を紹介するぞ!!

本当にすごい作品だ・・・・。今日も読もうかな。

また、先にちょっと触れた『嫌われる勇気』の書評記事も何度か書いてるのでこっちもきになる方はどうぞ。

(*関連:【絶対読むべき!】発売から2年、なぜ『嫌われる勇気』は売れ続けるのか。

(*関連:【書評】ミリオンセラー『嫌われる勇気』は生きる勇気を与えてくれる傑作でした。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「大学生なんだけど、時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社...