【日記】学歴のことを考えてちょっと心がズキとした件

internship

毎日プロプロガー・イケダハヤトさんのブログ記事を読んでいるんだけど、今朝こんな記事をみた。

早稲田政経卒業したけど、非効率な投資だったな……。

ぼくは今慶応商学部にいるので、れっきとした「慶応生」という肩書きを手に入れている。卒業もおそらく余裕だ。

しかし、ぼくは一年浪人しているし、偏差値もイケハヤさんの早稲田政経よりちょっぴり低い。

ぼくは商学部に入って、初めて「慶応では相対的に偏差値が低い」という驚愕の事実に気づいた。

入学当時、文転して3ヶ月強の勉強の果て、京都大学に0.6点差で落ちての慶応入学だったので、正直こんなことを考えていた。

「仮面浪人しようかな・・・・。」

しかしそんなことをする勇気はぼくにはなく、大学に入って始めた読書が想像以上に面白かったから、結局仮面はしなかった。

鬱屈した毎日だった。しかし、よく考えてみると、京大に0.6点差で落ちた、ということは、入っても底辺クラスだった、ということだ。

しかも林先生も言っていたけど、「東大に受かるヤツは京大なんて余裕で受かる」のだそうだ。

ということは、ぼくは学問の世界ではテッペンに上り詰めることは到底無理・・・・。

こう考えると、勉強というステージで競争するのは如何に自分にとって非効率かがわかった。

 

ーーー

 

ーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

 

そんな合理的な判断とは裏腹に。

 

 

 

ーーーー

 

ーーーーーーー

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

学歴コンプってのはあった。挫折知らずのぼくには、とても苦しいものだった。

 

 

1年生の時、アメリカ留学に行ったり、スペイン旅行に行ったりした。そこで、100万円ものお金を使い果たした。大学に入ったら使おう!と決めていた50万と、両親に借りた50万を、1ヶ月で使い果たしたのだ。

 

しかし、心は晴れなかった!

 

ーーー

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

そんなことはどうでもいいや。

 

でも、最近はちょっと考える内容が違うんだ。

ぼくが悩んでいるのは、「学歴が京大だったら」解決するなんて、そんなヤワなもんじゃない。

多分、「あるがままの自分を認められていない」から悩むのであって、その部分が解決できれば、悩みは消えていくはずだ。

最近ご縁あってそういうあるがままの自分を認められない自分がいることを認め、「belief解放」というものを行った。

なので、学歴の悩みによる感情の起伏が、小さくなっている。

そう、どうでもいいのだ、学歴なんて。

 

大事なのは「今、なにを頑張っているか」であって、過去はどうでもいい。

今をちゃんと生きれば生きるほど、学歴の悩みは時間の無駄だとわかる。

だから、俺。もう悩まなくたっていいんだよ。代わりに、今を生きようか。

 

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...