【日記】検索で読まれる記事と、SNSのフォロワーに読まれる記事の作り方が違うからちょい困る。

ブログには大きくわけて「検索で読まれる記事」と「SNSで読まれる記事」の2つがあります。

前者は「ググって読まれる記事」、後者は「FBとかtwitterとかで読まれる記事」ですな。

で、この二つの記事というのはすっげー違うわけなんですね。

ググって読まれる記事というのは作り込んで、「情報」としての価値を生み出すことが必要不可欠。

たとえば、「ハンバーグ屋さんいってきました🎶」みたいな記事は情報価値としてはイマイチ。

それにプラスして味はどうだったか、値段はいくらだったか、混み具合は?客層は?

読み手が気になる情報を自分の頭で考えて、提供していく必要があります。芸能人であれば話は別やけどね!

で、SNSで読まれる記事っていうのはまたちょっと作り方が違うんですよ。

SNSで自分と繋がってる人って、多くは自分の友達だったり、このブログ自体の読者だったりするわけです。

なので、記事を読む人は、情報というより「どろますた。」に興味がある人なのです。

そういう方に記事を届けよう、としたときには「ネタ記事」がめちゃくちゃ受けます。

考えてもみてください。

自分の友達が例えば「ナンパしてみた」とかブログに書いてたら気になりません?

なりますよねーー。

要は、検索から来てくれる読者と、このブログ自体をみてくれる読者は「興味にずれがある」のです。

これは間違いありません。

ぼくは一回だけ小さなバズ(SNSで強烈に拡散され、閲覧数が一時的に飛躍すること)を起こしたことがあるのですが、その記事は100%のネタ記事でした。

詳しくは以下参照。

(*関連:【全録!】ぼっちがクリスマスイブに一人で東京ディズニーランドに行ってきた話。

個人的に「ああ、こうすればバズるのか!」というのが直感的に理解できたので本当によかったですな。

しかし、これは一時的な効果しかないわけです。

もっと多くの人に価値を届ける場合は、バズなどに頼らず半永久的に価値を提供できる「検索エンジンからの流入」を狙っていく必要があります。

しかし、検索エンジンを意識した情報は、SNSで投稿してみても「え、つまんね」ってなる可能性だって高いわけです。

だって、検索なのでネタ的な要素はありませんから。織り交ぜてもいいてすが、原則ググる人は「情報」が欲しいのであって「娯楽」が欲しいわけではありません。

まあ、文体で読ませる、というのもありますが、それは情報としての価値が前提。まず情報としての価値を担保しなきゃ検索上位は無理。

何が言いたいかっていうと、2つの流入スタイルがあって、それぞれに適した記事の書き方があって、SNSの友達から見ると「うわ、つまんね!!」という記事もあるけど上記の理由があるから勘弁してね、ということです笑

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...