【小説レビュ-】金閣寺放火事件を題材にした三島由紀夫の代表作『金閣寺』のあらすじ解説・感想まとめ!!

三島由紀夫の代表作といえば『金閣寺』。

早速読んでみたんですが、すごく骨太でおもしろい!!

というわけで、今回は三島由紀夫の代表的小説である『金閣寺』のレビュ-をしまっす!!

三島由紀夫の『金閣寺』のあらすじ!

『金閣寺』は,昭和25年の金閣寺放火事件が題材のフィクション。

主人公は若い僧。

彼は吃音になやんでいて、世間から隔絶していると常々感じていました。

彼は幼い頃から金閣寺の「美」を絶対視し続け、その影響で女性と行為するときも金閣が脳裏に浮かび、なんと行為を断念してしまいます。

彼は金閣寺の住職である老師が愛人と一緒にいたところに出くわし、おかげで老師からうとまれはじめます。

その後友人の金で旅行している最中に、「金閣を燃やすこと」を決意し決行します。

三島由紀夫の『金閣寺』を読んだ感想

金閣寺を燃やす場面が最高におもしろい!!

ラストには金閣を燃やすのですが、その決行までの記述がワクワクしてのめりこめます。

個人的にはラストがメインディッシュな感じがしました!

第7章の終わりには、読みたい欲を増幅させる、次のような記載があります。

『金閣を焼かなければならぬ』-本文より

ここからスト-リ-は一気に加速!ラストまでガンガン読み進められました。

中盤はなに言ってるかわからん箇所が多い。

中盤、ぶっちゃけなにゆ-とるかわかりませんでした笑

ぼくの解釈能力が低いのもありますが、三島の感性はちょっと常人離れしているのと、現代で使われない語句が多く使われていることから、理解不能な箇所がいくつもあります。

というか、行為の最中に金閣寺が出てきて断念する、という時点で「え!?」ってな感じです。

旅行で日本海を見て「金閣を燃やそう!」と思い立つのも謎….。

まあでも、行動にいつもちゃんと理由があるじゃないから、ある意味「リアル」な作品と言えますね!!

三島由紀夫 『金閣寺』 他の人の声

三島由紀夫の小説には『金閣寺』以外にも面白い作品がいっぱい!!

三島由紀夫の作品には、金閣寺以外にも面白い作品がいくつかあるのでサクッと紹介しますぜ!!!

仮面の告白

まずはこれ!

三島は性的倒錯があったとされていますが、その性癖を惜しむことなく大暴露した三島作品で最高に変態的な作品。

少年時代に女装に目覚め、少年時代に男の先輩に恋し、青年時代に不能に絶望するという物凄い経験を疑似体験できます。

理解できない部分もあってそこがまた面白いですね。

書評も書いているので気になる方はみてみてください。

LGBTを70年前に激白した作品があった! - 三島由紀夫の『仮面の告白』
三島由紀夫の『仮面の告白』おもろす・・・・。仮面の告白 (新潮文庫)posted with ヨメレバ三島 由紀夫 新潮社 2003-06 AmazonKindle楽天ブックス ...

潮騒

三島由紀夫は変わった感性の持ち主でいびつな作品が多いのですが、この『潮騒』は三島作品で最も純粋な恋愛小説。

田舎の男女の初恋をキレイな日本語で表現しています。物語の面白さと同じくらい描写の精緻さ、鮮やかさに圧倒されます。

こちらも書評書いています。

三島由紀夫の『潮騒』のあらすじと感想 - 三島作品で異色のポジションを保持する純情物語!!
三島由紀夫の『潮騒』を読みました。これガチおもろい・・・・。潮騒 (新潮文庫)posted with ヨメレバ三島 由紀夫 新潮社 2005-10 AmazonKindle楽天ブックス ...

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...