カミュの『異邦人』が面白い。圧倒的に「自己中」な主人公に驚愕の連続。

book

カミュの『異邦人』。この本の名前は、みなさん知っていると思います。

ぼくも名前だけ知っていました。でも、急に気になってきたので、衝動的に本屋で購入し、読む事にしました。

そしたらまあ、面白いのなんのw

どれくらい面白かったかというと、歩いている最中も読むくらい面白かったのです。概要はこんな感じです。

①主人公の母親が死んでしまう。

ある日、主人公の母親が死んでしまいます。これに主人公、ショックを受ける・・・・

・・・・・いや、主人公、ほとんとショックを受けないのです!

ここら辺から、この小説の異常性が垣間みえてきます。作中にはこんな事が書いてあります。母親の葬儀を終えた場面です。

また、教会や、歩道に立つ村びとや、墓石のそばの赤いジェラニューム、ペレーズの失神(関節のはずれたあやつり人形みたいな)、ママンの柩の上に散らばったひとたち、声、村、喫茶店の前で待ったこと、エンジンの絶え間ないうなり、そして、バスがアルジェの光の巣に入ったときの、私の喜び、そのとき、私はこれで横になれる、十二時間眠ろうと考えた。ー本文より

母親が死んだ。多分ぼくであれば錯乱状態に陥っているでしょう。

ところがこの主人公は「やっとおわったー!」という感じなのです。この「何事にも冷めた感じ」は物語全体に通底しており、現実離れしています。この異常性がソソリマスねえo(`ω´ )o

②母親の死の翌日、女性と遊ぶ

そうして母親が死んだのち、男は海へと出かけます。そこでマリイという女性に出会うのですが、彼はそのマリイと遊びまくります。

母親が死んだのに、なんともないかのように異性と遊ぶのです。これってなかなかできる事ではありませんよね。

③何となく、アラビア人を殺す

ここがこの本のハイライトですが、男はその海辺でなんと、アラビア人を殺害します。

さして憎しみがあるわけでもありません。男はアラビア人を銃弾一撃で撃ち殺しました。そのあと、こんな記述があります。

私はこの身動きしない体に、なお四たび撃ちこんだ。弾丸は深くくい入ったが、そうとも見えなかった。

理由は、一切書いてありません。身動きしない、つまりは死んだ人間に対して、さらに4発も打ち込むのです。「ただ、何と無くやってる」んです。

異常すぎますよね。

④死刑判決を受けるが、その時の聴衆の憎悪の叫びを望む

男は死刑が確定し、獄に入ります。彼の弁護士は最終的に彼の異常性を否定して叫ぶのですが、当の本人、さして気にとめる様子も、取り乱した様子もありません。

そして死刑が近づいたある日、主人公はこんな事をいいます。

すべてが終わって、私がより孤独でないことを感じるために、この私に残された望みといっては、私の処刑の日に大勢の見物人が集まり、憎悪の叫びをあげて、私を迎えることだけだった。

人の憎悪を、求めているのです。どういうことなんだろう。これも、理由は書いておらず、そのままこの小説は終わりを迎えます。

⑤終わりに

「なんなんだろう?」とつい思ってしまうのがこの小説です。

どっからこの異常性は生まれてくるのでしょうか。もしかしたら、結局人の心に理由なんてなく、物事を「何と無く」決めてしまっているのでは、ということを作者のカミュはいいたかったのかもしれませんね。

気になる方はぜひ読んでみてください。かなりおすすめです。変人はハマりそう( *`ω´)

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...