社会派マンガの最高峰!『罪と罰』が面白いから解説するぞ

『罪と罰』。

何度読んでも震えるほど感動して鳥肌が止まらなくなる。。。

これぞ傑作中の傑作ですなぁぁ。。。

“ひきこもり”と援交女子高生。ドストエフスキーの名作を原案に、現代の少年少女たちの抱える闇に迫る問題作。大学をドロップアウトし、自室にひきこもる裁 弥勒(たち・みろく)。女子高生リサとの出会いによって、恐ろしい「ある計画」に手を染めることに…!-罪と罰より引用

全10巻からなるこの漫画。

エリ-ト大学生の日常が舞台となっている。

主人公は、有名な大学に行っているけど、「自分は人と違う!」、「なにかを成し遂げたい!」と自意識過剰。

常に自分の妄想で頭を遊ばせている痛い系の大学生。

わかるぅぅぅぅ〜〜〜〜wwwwww

彼はある日、援交をしている女子高生の集団を目にする。

しかし、彼女たちに正面から注意する大人は誰もいない。

そう、彼女たちにはヤッサンがついているのだ。

 

 

 

しかし、彼女たちは害悪だ。

青年は考えた。

 

 

 

-----------------殺そう、と。

そこから、殺人計画が始まり、主人公の学生生活は思いも寄らない方向に進んで行く。

 

 

 

 

 

 

この物語の見どころは、深すぎる人間理解。

簡単には理解できないので、なんども読み返したくなる。

噛めば噛むほど味が出るスルメ、みたいな。

 

 

10巻が一番面白い。

ネタバレになるから内容言わないけど、何度よんでも鳥肌が立つ。

感想ツイ-ト

 

終わりに

ぼくは5周くらいしてますが、就活終わったらもう1周しますw まじ傑作。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...