【書評】堀江貴文さんの『すべての教育は「洗脳」である』が痛快!好きなことに没頭せよ!

堀江貴文さんの新刊が出ましたね。

この本は、堀江貴文さんが現代にふさわしい教育の在り方について語った本。

堀江さんは自分で本を書かないから、恐らく口述筆記?かと思いますが、それにしても圧倒的に痛快な本でした。

読後感が最高ですな。

さっそく紹介しましょう。

『すべての教育は「洗脳」である』はこんな本

サクっと引用しちゃいましょうwそっちのがわかりやすいっすよね。

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

引用先:すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

そもそも現代教育がどうやってできたか。そして、今後の教育はどうなるべきか。

堀江さんの私見がガッツリ詰まっています。

『すべての教育は「洗脳」である』はこんな人におすすめ

この本はこんな人におすすめっすね。

・「やりたいこと」と「やるべきこと」のはざまで悩んでいる人

・今の教育に疑問を感じている人

・逆に、既存のレ-ルで成功してきた高学歴エリ-ト

学びは「やりたいこと」を追求することで得られると断言する堀江さん。「やるべきこと」の無意味さをぶっとばしてくれます。

また、今の教育がビミョ-だなと思ってる方にもオススメ。

勉強やる意味あんの!?なんで暗記せにゃいかんの!?と思ってる方はスッキリすること間違いなし。

他にも、逆に勉強で成功してきた人たちにも読んでほしいっすね。

自分の価値観がゆさぶられ、新しい視点が得られます。

考えるいい材料になりますよ!

『すべての教育は「洗脳」である』読者の感想

終わりに

いかがでしたか?

今までの教育システムは、もう破綻寸前です。

ぼくも今大学に通ってますが、正直大卒ブランドはなくなると考えています。

だとすると、求められるのが「これからの教育の在り方」ですよね。

教育の在り方を考える材料として、本当によい教材だな、と感じた痛烈な一書でした。

気になる方はぜひぜひ読んでみてくださいなo(`ω´ )o

堀江貴文さんの本の書評他にも書いてますぜ。

堀江貴文さんの『ゼロ』を読んで、堀江さんの生き方を学んだ話。
堀江貴文さんの『ゼロ』を読みましたよ〜!!結構前ですが・・。誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。失敗しても、またゼロに戻るだけだ決してマイナスにはならない...
君はどこにでも行ける by堀江貴文 ー日本の現実と自分の生き方を考える良書!
堀江貴文さんの『君はどこにでも行ける』を読んだ!読んだ。自分の思考の枠を取り払ってくれる1冊でした!おもしれー!/堀江貴文 の 君はどこにでも行ける を Amazon で...
堀江貴文さんの『本音で生きる』は生きづらい全ての方におすすめ!
これはおもしろい。堀江貴文さんの『本音で生きる』。ホリエモンの新著読破!「本音で生きる」。あーだこーだ言い訳して結局のところ何もしてこなかった自分に反省。誰...

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...