『マリオネットの罠』は赤川次郎さんの代表作!キャラの異常性が面白かった。

前回、赤川次郎さんの『ふたり』の書評記事を書きました。

【学生必見!】赤川次郎『ふたり』が共感できてオススメ。ラストは鳥肌立ちました。

この作品がめちゃくちゃ面白かったんですよ。夢中になって、1日で読み終えましたねえ。

そのあと赤川さんの『ふたり』が忘れられず、ぼくは「赤川さんの作品って、めっちゃ面白いんじゃ!?」という思いを抱き、もう1冊読んでみました。 

その名も『マリオネットの罠』。

早速紹介していきましょうか。

①登場人物の異常性に惹きこまれるミステリー小説。

この小説はジャンル分けするとすれば「ミステリー」といったところですね。

上記で紹介した青春小説『ふたり』とはテイストが全く異なっています。

主人公レベルの人が何人か出てきて、刑事さんが出てきて・・・という感じ。

形式はそれほど真新しい感じではありません。

さらに、この小説は登場人物の何人かに『異常性』がみられます。

ネタバレなので具体的には言いませんが、他人の家で行為を行う人たちだったり、ギャングとなに食わぬ顔して関わる人たちだったり、一癖も二癖もある人物が沢山登場します。

この小説には計4人を殺害する女性が登場するのですが、彼女の異常さは半端じゃないです。なんとなく現実と虚構を取り違えているような、ミステリアスな感じがします。

妄想癖の強い人は共通点が沢山あると思いますね。

やっぱり、人は「自分の欠点を、誇大表現するもの」に惹かれる傾向があると思うんですよ。

例えばいつも猫を被って他人と接している人。

彼らは自らの「偽り」に気づいています。そういう人が、例えば太宰の

『人間失格』(異常なほどの二面性を描いた作品です!)

を見ると、共感でき、惹かれます。

自分の悪い部分を、彼も持っていたんだ!私だけじゃなかった!となって落ち着き、作者の思想に惹かれるのです。

彼女の虚妄壁なども、ちょっと妄想多めで、妄想を嫌悪している人にとっては

「親しみのある」

作品に思えるでしょうね。

②鳥肌が1分くらい続く。

この小説は、ミステリー小説らしく読者に驚かせてくれます。

この小説を読み進めていくと、どこかで、必ずアナタは鳥肌が立つことになります。

(もちろんどこかはいいませんよ。)

エンターテイメントとして楽しみたい人にはもってこいの一冊ですねえ。

③終わりに

まだ赤川さんの作品は3冊くらいしか読んだことがないのですが、そのどれもが

「非常に読みやすい」

です。誰でもわかる平易な日本語で書かれています。 

伝わりづらい、内面世界を「わかりやすく」伝えることこそ文章力の証左です。

めっちゃすごいっす・・・。

小説好きで、楽しみたい方は必見です。本好きであれば3時間あれば読み切れますよ。

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」 とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまず...
【新書 おすすめ】大学生でも読める!面白いし読みやすい新書本ランキングベスト5を発表するぞ!
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
名古屋駅の本屋で最強なのは「三省堂書店 名古屋髙島屋店」で決まり!朝からやってる駅構内の最大級の書店!
名古屋駅には多くの本屋があるのですが、個人的に最強の本屋は間違いなく「三省堂書店 名古屋高島屋店」だと思います。今日はなぜ名古屋の三省堂が最強なのか、たっぷり...