出口治明『人生を面白くする本物の教養』も面白い!学んだ事まとめ。

book
[amazonjs asin=”4344983920″ locale=”JP” title=”人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)”]

こちらも面白い。出口治明さんの『人生を面白くする本物の教養』。

店頭に並んでいたので売れてる本なのでしょう。

早速見ていきましょう。

①今、教養が求められている

今、教養が求められている、と筆者は説きます。

筆者のいう教養とは、知識を手に入れるだけでなく、

「自分の頭で考えられる人」

を教養人であると定義しています。

そして、そういう人が今の社会に求められている、と言っています。

いま、私たちは教養人であることが求められています。その理由については後述しますが、結論を先に述べれば、これまでのキャッチアップ型社会のように「考えない」ままでは、個人も社会も立ち行かなかくなっているからです。ー本文より

筆者の主張のキモは、「ちゃんと考えること」。これがないと、どんな物知りでも教養人ではない、ときっぱり言っています。

②速読は百害あって一利なし

これは意見がわかれますが、筆者は速読の価値を認めていません。

本を読むのは人(著者)の話を聞くのと同じことです。人の話はていねいに聞かないと身につきません。何より私自身、話をしていて相手に「速読」されたら腹が立ちます。ー本文より

めちゃめちゃ厳しいですね。ぼくは速読も精読もしますが、出口さんのように読書を

「人付き合い」

と捉えるなら、速読はよくないですね。

ここは捉え方の問題ですが、説得力はあります。

③旅!出会い!読書以外にもある教養の材料。

出口さんは大の本好きであることが本書ではわかります。ですが著者は本に固執しているわけではありません。むしろ超アクティブな面を持ち合わせていて、旅をしたり、人との出会いを求めることもあるそうです。

旅に関しては「予定は立てない」、出会いに関しては「一緒にいるかどうかは、相手が面白い人かどうかで決まる」そうです。

やはり好奇心の赴くまま、「楽しさ」を行動原理にしていることが伺えます。何となくどんよりした世の中でも、結局は自分の生き方次第ですね。

終わりに

好奇心旺盛な著者の作品は、筆がのっていて、熱が自然と伝わってきます。この本もそのうちの一つです。

著者の主張に全て賛成するわけではない(ぼくはこの本を速読してしまいましたし・・・。)のですが、本からでも伝わってくる熱気が心地よかったのです。

前も書きましたが、熱量のある本はやはり読む人を魅了するのです。

筆者の熱量を感じられる書籍です。おすすめです。

[amazonjs asin=”4344983920″ locale=”JP” title=”人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)”]

 

類書もどうぞ。

おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊知の教室 教養は最強の武器である (文春文庫)






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。