ル-ティングに使うgetとpostについて。

RubyとRuby on Rails勉強してるんすけど、ル-ティングに使うgetとpostについて誤解していたので修正。

今まで、

get → クライアントがサ-バ-側から情報を欲しているとき

post →クライアント側に情報を提供するとき

に使うという認識でいました。

ですが、違いました。

正確には、

get →デ-タベ-スの情報を変更しないアクションのとき

post →デ-タベ-スの情報を変更するアクションのとき

ということだ。

 

いや-誤解がとけたとけた。

考えてみると、destroyメソッドだってル-ティングにpost使うじゃないすか。

destroyはクライアントが情報を提供するわけじゃないのにね。ただの削除機能。

 

基礎的な部分は勘違いして覚えると後々しんどいで、脳内修正しますたw

スポンサーリンク

本に関する記事が人気です。

大学生が読むべき本を小説&自己啓発本合わせて35冊ガチでおすすめするよ
「大学生になったら本を読め!」とはよく言われることです。とはいえ、「そんなこと言われても何を読めば?」と戸惑ってしまう人も多いかと思います。そんな方にまずオ...
【新書 おすすめ】大学生や社会人に読んでほしい読みやすい23冊を紹介していくよ
今回、「新書」限定でぼくが最もおすすめできる本を5冊、ランキング形式で紹介します!難しいものではなく、ぼくが「面白く読めた!」と確信持って言えるもののみを厳選...
大学生のうちにやっておくべきこと、やる必要のないことまとめたぜ。
「時間が余りすぎて、逆に何やっていいかわかんない...」そんな大学生って多いですよね。ぼくもそうでした笑この記事では、悩める大学生に向けて、社会人になったぼくが...