「本を読みたいけど高い!高すぎる!」という人に捧ぐ読書のテクニックを紹介するよ

「本読みたいけど、高いじゃん?」

と知り合いに言われてイラっとした経験を持つどろますた(@dromasuter)です。

 

ぼくは人生の7割を活字に注いでいるので気づいたら本を買ってしまってます。

しかし、中には「読みたいけど高くて躊躇してしまう」という人もいるんですよね。

 

本は高いと思う人の心理

実際知人と書店に行った時、「本を読みたいけど高いんだよ!」と言われました。

そういう方は、恐らく読書を「娯楽」でなく「投資」として捉えているんじゃないですかね。

本は人生に役に立つ側面もありますから、その考えは正しいと思います。

しかし同時に、投資家の視点から、「お金を払う分の価値があるのかがわからない」からこそ、買うのに躊躇してしまう。

 

きっとこのような心理なのかな、と推測しています。

「うるせぇ!だからどうしたらイインダヨ!!!!!!!」

という声が聞こえてきたのでさっさと解決策に移ります←

解決策1, 本は娯楽だと割り切る

本をもう少し「柔らかく」捉えてみるのもいいのではないかな、と思います。

正直、投資にならない「役に立たない本」なんて山ほどありますよ?

多読家でもお金に困っている人なんてたくさんいます。

また、読書をしなくても成功している人もいます。

ですから、一度「読書=自己投資」という考えそのものを外してみるのはいかがでしょうか。

読書はただ、楽しむためのもの。

飲み会と一緒。旅行と一緒。ディズニーランドと一緒。

そんな感じで、もう少し「読書=娯楽」という感覚を持つと、本を購入しやすくなるかな、と思います。

旅行やディズニーに惜しみなくお金を払うのと同じ感覚でね。

解決策2. 少しでも安く読む工夫をする

「いやでもやっぱり私にとっては投資なんだよ!!!!!!!!!!!!!」

という方もいると思います。

そんな方にはもう少し実践的に、「安くする方法」をお伝えします。

読書好きの必須サービス「Kindle Unlimited」

たとえば、今ならAmazonが提供している「Kindle Unlimited」というサービスに登録してみましょう。

ぼく自身数年間加入し続けているのですが、初月無料、月額980円でKindle本が読み放題というとてつもないサービスとなってます。

初月無料なので、まず登録してみて、その後続けるか解約するか判断するのがいいかな、と思います。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

書籍、無料で読みまくりたいですよね。・「本をたくさん読みたいけど、お金がない...」・「いまは読書しなくていいや、お金に余裕ができたらね」と考えている方、けっこ...

Kindle本毎月1冊無料のAmazonプライム

Amazonプライムもおすすめ。こちらを契約していると、毎月Kindle本が1冊無料でもらえます。(*Kindle or Fire端末を所持している必要有)

Kindle or Fire 端末は、Amazonプライムに登録すると割引値段で購入可能。

なので、「会員登録」→「端末購入」→「毎月1冊Kindle本」という流れがベスト。

「本読みたいけど、高いじゃん?」と知り合いに言われてイラっとした経験を持つどろますた(@dromasuter)です。 ぼくは人生の7割を活字に注いでいるので気づいた...

学生ならPrime Student

学生であれば、Amazon Student(現: Prime Student)も死ぬほどおすすめです。

こちらも紹介記事を書いているので、参考にしてみてください。

Prime Student が鬼畜すぎる.....。▲このサービスはAmazonが行っている学生専用プログラムです。このプログラム、ヤバいんですよ、ガチで。ちょっと詳しく見て行きまし...

娯楽としても投資としても最高。それが読書。

読書をどう捉えるか、それはみなさん次第です。

しかし一つ言えることは、読書は娯楽としても投資としても機能する素晴らしいツールだということ。

楽しいし、役に立つ。

こんな一石二鳥なこと、滅多にないですよ。

 

ということで、ちょっと本読んでくるわ。






ABOUTこの記事をかいた人

毎日1000回読まれる書評系ブログの中の人。音楽と漫才をライフワークにし、自然溢れるのどかな場所に家を買うのが夢。