怖い・エグい系で超おすすめの面白いマンガをまとめたよ

こんにちはどろますた(@dromasuter)です。

たまに「怖く・エグい系」の漫画を読みたくなることってありませんか?

恐らくこの記事を読んでる方は、その傾向があると思うんですよ。この記事はそんな方におすすめ。

 

このジャンル、正直当たり外れの差が大きいんですよね。

なので、当記事では「怖い・エグい系」でかつ「面白い」とぼくが勝手に思った超面白い作品のみを紹介します。

『イジメの時間』

当記事執筆時点(2018/7/28)では未完。

しかし、この作品が非常にエグくてもう….ね。

この漫画はなんと、主人公が自殺をした後の葬式のシーンから始まります。

その後過去に戻って、壮絶なイジメ生活が語られるわけですね。

これが、、、、もう、、惨めすぎて、心がえぐられるんですよ。エッジが効きすぎてて大好き。

多少主人公が報われるシーンがあっても、「最後にはどうせ自殺するんだよな…」と思ってしまって結局暗くなりますw

 

あと、この作品はAmazonが提供しているKindle Unlimitedというサービスに登録するとタダで読めます。

紹介記事も書いたのでみてみてくださいね。

『ミスミソウ』

これも当ブログで何度も紹介している至高の作品。

転校をキッカケにいじめにあったヒロインの復讐劇を描いています。

グロさ、エグさ、怖さどれをとっても超一級品。

大好きすぎて何度も読み返しています。

『サユリ』

こちらも『ミスミソウ』と同じ作者。

引っ越しをキッカケに幽霊に取り憑かれた一家の崩壊の様を描いています。

『ミスミソウ』よりもミステリアスな内容で、少しリアリティには欠けるかな、というのが個人的な感想。

とはいえ作品としては最高級に面白いのでおすすめ。全2巻でサクっと読めるのもおすすめポイント。

『血の轍』

こちらは押見修造さんの怖い系マンガ。

母親が、主人公の従兄弟を崖から突き飛ばした後微笑む、という異常な幕開け。

セリフが少なく、映像で魅せる、そんな作品です。

活字が苦手な人でも読みやすいですね。ぼく自身何度か読み返している怖い系の筆頭格。

『ミュージアム』

一人の凶悪な殺人鬼が残酷な殺しを繰り返す。

主人公の刑事は犯人を追うが、中々見つからない。

そしてついに、主人公の家族にも魔の手が伸びる。

ハラハラドキドキ、グロくエグく怖い傑作

『復讐教室』

イジメを受けたヒロインが、関係者全員に復讐する物語。

復讐に成功していく旅ヒロインは狂気に満ちていき、崩壊に向かって行く。

味方につけた生徒も崩壊、人を殺すという倫理を超えた先にみられる異常な精神状態。

異世界に引きずり込まれる傑作で、何度も読み返したくなる。大好き。

終わりに

随時更新していくよ。