齋藤孝氏のおすすめ作品をひたすらまとめる

齋藤孝先生のおすすめ本を紹介するよ。

齋藤孝さんは明治大学で教鞭を取りながら数多くのご著書を執筆されているアツい方。

狂おしいほどの読書が大好きで、言葉の節々の引用から本物の読書家であることが素人目にもわかってしまうほど。

主張の中心にある「本を読め」を始め、丹田呼吸法、コミュニケーション論など守備範囲が広すぎます。

博学才穎という言葉がピッタリですね。

さーーーて、導入はここまでにしておいて、早速中身の紹介に入ってゆきましょう。

『読書力』

読書狂の齋藤孝先生が、読書を猛烈に勧める本。

「読書しろ!」という強い主張!!

言い切ってますよ。みてみて。

少なくとも大学生に関しては、百パーセント読書をしなければ駄目だと考えている。こんなことは大学ではかつては当たり前のことであった。ー本文より。

個別に書評を書いています。おもろかった。

読書力posted with ヨメレバ齋藤孝(教育学) 岩波書店 2002年09月楽天ブックスAmazonKindle 斎藤孝さんといえば非常に有名な大学講師で、数々のご著書を出版されていま...

『読書する人だけがたどり着ける場所』

齋藤孝氏はその莫大な読書量から、「読書人だけが辿り着ける境地がある」と確信。

世の中的な勝利は必ずしも経済的成功だけではない。

ただ感情を味わうこと。知的好奇心を満たすこと。恋愛すること。

深く人生を彩っていく根底にあるのがこれら「体験」であるが、個人単位では限界がある。

だからこそ、本を読んで疑似体験しよう。読もう。深めよう。

『「意識の量」を増やせ!』

物事を達成するために必要なのは意識の「量」!

「仮想的に意識の小僧を10人頭の中に作り、物事に集中する時に小僧を動かそう」、という独自のHow toが面白い。

実践的でとてもとても役に立ちますよ。

こちらも個別で書評を書いています。

斎藤孝さんの『「意識の量」を増やせ! 』を読んだ!!「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)posted with ヨメレバ齋藤孝 光文社 2011-06-17 AmazonKindle楽天ブ...

『「対面力」をつけろ!』

人生において必要な「対面力」。

英語よりも、ITよりも、体勝負。すなわち度胸が大事!

度胸を鍛えるため、齋藤孝先生は生徒に対して「無茶振り」を強要するのだとか。

面白かったので個別に書評を書いています。

斎藤孝さんの『「対面力」をつけろ!』がおもしろいですo(`ω´ )o「対面力」をつけろ! (光文社新書)posted with ヨメレバ齋藤 孝 光文社 2013-06-18 AmazonKindle楽...

『1分で大切なことを伝える技術』

「1分間で話す」トレーニング法、「真似」の重要性など、キチンと自分の思いを「伝わる」言葉で伝えるための方法論が満載。

限られた時間内で適切な発言を求められるテレビ番組に出演しつづけている斎藤先生だからこそ書けた作品だなぁと思った次第です。

面白かったので個別に書評を書いています。

1分で大切なことを伝える技術posted with ヨメレバ齋藤孝(教育学) PHP研究所 2009年01月楽天ブックスAmazonKindle 自分の思いって、なるべく正確に伝えたいですよね。...

『バカになれ 人生の勢いの取り戻し方』

「50才から人生に勢いを取り戻す」という副題がついています。ターゲットは50代と、もうすぐ50才を迎える40代後半といったところでしょうか。

しかし20代のぼくでも十分楽しめました。「最近人生にハリがねぇなぁ」って人にはおすすめですね。

「自分がアツく語れる分野を持ち、周りを気にせず情熱的に生きよ!」という一貫した主張がイイ。

これは中年の方のみならず10-30代にも当てはまるのではないでしょうか。